面接で不採用になってしまう医師の理由とは

前職を非難するような内容

 前職を批判する内容の発言や、愚痴とも捉えられるような発言を聞くことはあまり気持ちの良いものではありません。面接の場でも同じです。面接官とは初対面のことが多いと思いますが、初対面の人から批判的な発言を聞くと印象を悪くしてしまいます。
 
 確かに、前職での上司や同僚などとの人間関係がうまくいかず、辞めてしまうこともあるでしょう。しかし、事実であったとしても、そのまま述べてしまうと愚痴のように聞こえてしまいます。面接では、この人と働きたいと言う人材を探す訳ですから、できるだけ良い印象にもっていきたいところです。
 
 面接の際に退職理由を聞かれた際はキャリアアップのためなど、できるだけポジティブな発言を心がけるようにしましょう。
 

質問に答えられない

 このくらいならば大丈夫だろうと安易な考えで、事前準備を怠ったために不採用になるパターンもあります。
 
 なぜ応募しようと思ったのか、どのように貢献できるのか、具体的にどのような仕事をしたいと思っているのかなど採用されてからのプランについて具体的に質問されることもあります。面接時に質問されそうなことについては、はっきりと回答できるようにすることが大切です。
 
 さらに、これまで医師として経験があるのであれば、自分のキャリアについて説明できるようにしておきましょう。

消極的な態度

 面接では、医師としての仕事に対する態度もみられています。実際に緊張して本領が発揮できなくても、面接時の姿勢があなたの態度になります。面接の際は、できるだけ積極的な態度で臨むようにしましょう。
 
 例えば、質問された際に自分から積極的に勉強して、仕事に取り組むという姿勢をアピールすることが大切です。医療は日々進化していく世界です。受け身な姿勢よりも、自ら進んで学び、積極的に動いていく姿勢が評価されます。
 

自分のことを過大評価する

 自分の能力について、過大評価しすぎることも面接ではマイナスになってしまいます。面接時の担当者はほとんどが採用のプロです。いくら取り繕うとしても見抜かれてしまいます。
 
 過大評価をしたばかりに、自信過剰で協調性に欠けているなど、自分の能力をしっかりと把握していないという風に捉えられることもあります。自慢話ばかりすることも良い印象ではありません。
 
 面接の際は、過大評価せずに謙虚な姿勢で臨み、等身大の自分をアピールするようにしましょう。
 自分で意識していなくても、面接の際のふとしたことがきっかけで不採用になってしまうことがあります。今一度、面接で不採用になってしまう訳をしっかり考えて面接に臨むようにしましょう。また、医者のみならず面接の際は円滑なコミュニケーションの能力も試されていることを忘れずに。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!