医師は意外に転職回数が多い職業

医師の転職回数の平均は4回

 医師というと、初めに勤めた病院で定年まで勤めるか、独立開業するかのどちらかで、転職回数が少ないというイメージがあります。しかし、ある調査結果によると、医師全体では平均で4回程度の転職を経験したと答えたことが判明しました。医師の転職市場は思ったよりも活発なものと言えます。
 
 転職回数が多くなるのは、30代から40代にかけて多くなります。医師としての経験や実力を身につけた頃ですので、医師としての転機を迎える時期であり、このまま今の職場で働くか、独立開業をするのか、よりよい職場を求めて転職するか、と働き方を考える医師が多いと言えます。転職先でも即戦力となり、各医療機関でも最も求められている年代層と言えます。
 

転職回数が少ないのは大学病院の医局

 転職回数4回というのはあくまで平均ですので、転職回数が多い医師と少ない医師がいます。特に国立病院や大学病院の医局に入った医師は、転職回数がない、もしくは少ないというケースが多いです。
 
 これは、慢性的な人手不足である大学病院では、転職をしようにも引き止められることが多く、辞めさせてくれないという事情があります。一方、民間病院や、診療所などでは比較的勤務していている医師が流動的で、転職市場も活発となっています。
 

転職回数が多い医師は不利なのか

 転職回数が多い人は転職を重ねるにつれて、特に収入等の条件が悪くなる傾向があります。これはひとつの職場にいる期間が短いことから、転職先でも長く働いてはくれないのではないか、あるいは、問題がある人物ではないかと考えられ、条件の良い職場からは敬遠されてしまします。
 
 医師の場合も特に理由もなく転職回数が多い医師は、一般と同じように問題があるのではないかと判断される可能性があります。初めての転職で失敗したと感じた医師が、すぐに次の転職先を探すといった場合に、条件が狭まる可能性が高くなります。
 
 特殊な技術を持っている医師は、各医療機関で引く手あまたで、結果的に転職回数が多くなるという場合があります。この場合、医師がいちいち転職活動をするといよりも、派遣社員になるなどして職場選定や勤務条件等を含めたマネジメントをしてもらった方が、より実力を発揮できると考えられます。
 

その転職に理由があるのか

 医師が転職する主な理由として、キャリアアップを目指したい、収入や勤務条件をより良くしたい、ライフスタイルの変化に合わせた働き方をしたい、の3つが挙げられます。なぜ転職したいのか、転職しなければならない理由は何か、ということが相手にわかりやすく説明できるのであれば、転職回数が3〜4回程度では問題はほとんどないと考えられます。
 
 特に女性の場合、結婚や出産、育児などでライフスタイルの変化が多いですが、その時々の状況の変化に合わせて働き方も変わっていきます。現在の職場で、変化に対応できないというのであれば、転職を検討することになります。
 
 職場のミスマッチによる転職が多いという場合は、転職活動の仕方に問題があるのかもしれません。医師専門の転職コンサルタントに相談するなどして、自分のスキルと最適な働き方、職場環境など、的確なアドバイスを受けてミスマッチを防ぐようにしましょう。
 
 医師の転職はしっかりとした理由がある限り回数を気にしすぎることはありませんが、ミスマッチが理由の転職の繰り返しは防ぎたいところです。転職活動にあたっては、医師専門の転職コンサルタントやアドバイザーを利用し、情報提供やアドバイスを受けるなど、失敗のリスクをなるべくなくすようにすることが大切です。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!