【転職したい】医師はハローワークで求人を探せるのか

ハローワークとは

 転職をしたいと考えた時にまず思いつくハローワークは、どのようなサービスが受けられるところなのでしょうか。一般的には失業保険の給付と求人紹介を行ってくれる場所という認識だと思います。ハローワークは、国民の雇用機会を確保するために厚生労働省によって設置された「公共職業安定所」の愛称です。求職者向けのサービスとしては、失業保険の給付など雇用保険の手続きのほかに、職業相談や求人の紹介・申し込みなどを行っています。
 
 転職を考えている人であれば、国の機関による求人がもっとも信頼できるサービスなのではないか、と考える人は多いでしょう。しかし気を付けなければいけないのはハローワークは取り締まりや規制は業務としておらず、求人票に記載されている内容が必ずしも信頼できるものではないという点です。厚生労働省が考えるハローワークの役割とは「民間の職業紹介事業等では就職へ結びつけることが難しい就職困難者を中心に支援する最後のセーフティーネット」だということを認識しておきましょう。
 

医師の求人はハローワークにあるのか

 医師のキャリアコンサルタントによると、一人の医師は平均して3~4回の転職を経験すると報告されています。では医師は求人をハローワークで探しているのか、そしてハローワークに医師の求人はあるのでしょうか。
 
 上記でも述べたように、現在のハローワークの役割は主に就職困難者への支援です。その前提には民間の職業紹介事業の存在があります。医師不足が蔓延している昨今において転職を考える実績やスキルのある医師は就職困難者となる事は考えにくく、ハローワークで求人を探す医師は珍しいと言えるでしょう。実際、ハローワークでの医師の求人はほとんどなく、たまに歯科医師や技師などの医療従事者の募集が見られる程度です。そのような少ない求人のなかで、希望にマッチした求人を探すことはまず難しいと考えざるをえません。募集する病院側も求人を求める医師側も、ハローワークで希望通りの求人が叶うと期待していないというのが実際の現状なのです。
 

医師は求人をどこで探したらいいのか

 ではハローワークを利用せずに医師が求人を探すにはどうしたらいいのでしょうか。初めて転職を考えている人はもちろんのこと、医師としての仕事をしながら忙しい時間のなかで求人を探すということは大変なことです。
 
 そこで多くの医師がまず利用するのが、民間の職業紹介事業である医師専門の転職・求人サイトです。ネットでの求人情報も見やすく、コンサルタントを通して病院の調査や条件交渉などのマッチング、さらには現在働いている病院の退職へのサポートまで行ってくれる場合もあります。サイトによってサービスの内容や得意分野などにも違いがあるので、いくつかのサイトを比べてみるとよいでしょう。安心して利用したいのであれば厚生労働省が認可したサイトがおすすめです。
 
 
 転職というとまず思いつくのがハローワークですが、医師の転職の場合ハローワークの利用は一般的ではありません。ステップアップを考えての転職であれば、ハローワークより確実に希望の条件に合った求人を探すことができる医師専門の情報サイトを利用しましょう。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!