離婚した医師の転職・復職事情とは

医師の離婚は少なくない

 医師は多忙であることが多く、職場によっては家庭での夫婦のすれ違いが発生しやすくなります。結婚前のイメージと違い、仕事と家庭の両立がうまくいかずに、離婚してしまうケースが多々あります。また、医師の収入は他の職業と比べると高給なので、結婚生活が破綻した場合、慰謝料交渉など、離婚協議に踏み切りやすいという側面があります。そのため、医師の離婚というのは少なくありません。
 
 しかし医師といえども、離婚は金銭面だけでなく、心身でも相当の負担が強いられます。また職場結婚の場合は、離婚によって現在の職場に居づらくなることもあります。離婚を前提とした結婚はありませんが、なるべくなら結婚前に、働き方を含めたライフスタイルの設計を行い、離婚に至る原因を未然に防ぐことが望ましいです。
 

離婚した医師の転職理由とは

 医師の離婚の理由は様々ですが、離婚をした医師が転職・復職をする理由としては、
 
 ・離婚後の生活費が必要。
 ・慰謝料等の支払いのために、収入を増やしたい。
 ・離婚を知られると今の職場に居づらい。
 ・離婚後のライフスタイルの変化に合わせたい。
 
 等が挙げられます。
 
 転職や復職は、自分の生活環境を変えるとともに、自分のキャリアともなります。せっかくの転職ですから、自分のライフスタイルに合わせてキャリアを傷つけない働き方ができるように、転職先のミスマッチを避けたいところです。医師専門の転職支援サービス等を利用することで、より良い働き方を探していきましょう。

子どもがいる医師の転職活動は

 男性医師にしろ、女性医師にしろ、子育てをしているかどうかによって、ライフスタイルが大きく変わってきます。子どもがいない場合は自由な転職活動ができますが、子育てをする医師の場合は、働き方にも制約が出てきます。シングルマザー(ファザー)の場合、子どもの年齢によっては、託児所や保育園等が必要になる場合があります。また、勤務時間も制約があります。
 
 転職・再就職活動にあたっては、このような事情を考慮してくれる転職先を探すことが必要です。個人で情報を持っていればいいのですが、多くは、医師専門の転職支援サービスを利用するなどして、自身の事情に合わせた最適な転職先を紹介してもらい、応募することになります。

特殊な事情がある場合の転職は

 離婚理由に、DV(ドメスティックバイオレンス)等が含まれる場合は、注意が必要です。DVから逃れるために遠方に転居し、転職をしたものの、ストーカー行為等で離婚相手が転職先に押しかけてきたりする可能性があります。転職先を相手に知られたくない場合は、転職活動の際にも内外に秘密が漏れないように、プライバシーの管理がしっかりしている職場を選択することが大切です。
 
 病院によっては、ホームページ等で所属医師の名前が掲載されています。これによってDVの相手が検索等で知る場合がありますので、ホームページ等で名前の掲載をしないなど、特別な配慮が必要です。
 
 DVに限らず、特殊な事情がある場合は、医師専門の転職支援サービスの方にも率直に伝え、転職活動の時点から配慮してもらうようにしましょう。
 離婚の理由は様々ですが、その後のライフスタイルをどうするかを考える必要があります。転職活動においては、どのように働きたいか、生活していくかということをじっくり考え、転職の条件を絞り込みましょう。
 
 医師専門の転職支援サービスを利用することで、転職先を紹介してもらうだけでなく、今後の医師としての生活設計を第三者的な視点を交えて、冷静に考えることができます。特別な事情がある場合は、それらも率直に相談でき、秘密を守ってもらえるような、信頼できる転職支援サービスを選ぶようにしましょう。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!