上京したい!そんな医師の転職事情とは

医師が東京で働きたい理由

 地方の病院などに勤めている医師が、上京して転職をしたいと考えるケースは少なくありません。その理由として、
 
 ・病院や診療所の数が多く、職場の選択肢が多い
 ・地方に比べて収入が多くなる
 ・先端の医療を学べ、キャリアアップにつながる
 
 などが挙げられます。
 
 自分に合った職場や、希望の給料、もしくはキャリアアップを狙う医師にとって、東京は魅力的だと考えている医師は多く、上京しての転職活動を行う医師も少なくありません。

東京で働くデメリット

 しかし、東京で働くのはいいことばかりでもありません。まず、東京で暮らすための住宅費や生活費が地方に比べて高いことが挙げられます。確かに、地方に比べて東京の医師の給与は高いですが、毎月の支出が増えるので、思ったよりも貯蓄額に差はつかないことが多くなります。
 
 また、最先端医療を実施している病院は、多忙なことが多く、勤務時間も夜間や休日も含めたハードなものになりがちです。また、病院や診療所の施設の数が多いため、施設の善し悪しもあり、必ずしも希望と職場環境や条件が一致するわけではありません。せっかく転職を果たしても、職場とのミスマッチで再び転職活動に追い込まれるケースもあります。

地方で働きながらの転職方法

 東京にある医療機関の数は膨大なものですが、地方で働いている医師が、それらの病院の中から自分の希望に合う職場を見つけるのは至難の業です。個人的な人間関係で東京の職場とのつながりがある人はいいのですが、大半の転職を考えている医師は、医師専門の転職支援サービスに登録することが多くなります。
 
 転職支援サービスでは、医師に合わせた病院・診療所などの求人情報提供や、転職に当たっての、履歴書・職務経歴書の作成支援、勤務条件等の交渉など、転職に関するサポートを行っています。多くの場合、費用は求人をする病院が負担するため、医師本人の利用料は無料です。希望の転職先や、自分の働き方にマッチした転職先を探すためには3社程度の転職支援サービスに登録しておくといいでしょう。

上京しての転職活動は制約が多い

 地方で働きながらの転職活動では、上京して面接をするなどの遠方なほど直接交渉の機会は限られます。そのため、応募先自体はかなり絞り込む必要があります。多くても3件程度にします。
 
 東京での求人情報は数多くありますが、そこからいかに絞り込んでいくかというのは、診療科目だけでなく、どのような働き方をするか、どこで働くのか、できるだけ具体的な希望を考えていく必要があります。転職支援サービスは、より具体的であるほど、最適な職場情報を提供しやすくなり、より的確なアドバイスを送ることができます。
 地方から上京するための転職活動は、時間的な制約も多いですが、医師専門の転職支援サービスを利用することで解決することができます。
 
 転職先のミスマッチを防ぐために、東京で働かなければならない理由を客観的に説明できるようにし、東京での働き方、生活設計をどうするかなどを、具体的に考えながら、じっくりと取り組んでいくことが大切です。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!