ITスキルを活かした医師のキャリアアップとは

医師におけるITスキルの必要性とは

 一昔前までは、カルテなどは手書きなどで行われてきていました。しかし、共有化などが進み、現在は大きな病院などを中心に多くの病院で電子カルテが取り入れられてきています。医師の業務も、電子カルテの導入によりITスキルが必要になってきました。
 
 普遍的な医師の業務として、電子カルテを入力するためのパソコンの入力の知識やパソコンの基本的な使い方は必要となってきます。また、働く業界にもよりますが、そのほかのITスキルもキャリアアップには大切です。例えば、大学病院などでは、論文を書くための文書処理ソフトの使い方や、発表をするためのプレゼンテーションソフトの使い方が分かると業務の効率化に繋がります。
 
 他にも開業医であれば、自分の病院のホームページを作成することもあると思います。外注で頼むこともできますが、自分でホームベージを作る知識があると経費削減などに繋げることができます。

医師のITスキルと電子カルテ

 一昔前まで大きな病院では、カルテを運ぶために天井にカルテが走るレールが敷かれている光景が見られました。今ではほとんど見られなくなりましたね。医師の手書きであったカルテが、電子化されていったからです。
 
 電子カルテによって、すぐに情報を得ることも可能になりましたし、パソコン入力によって文字が見やすくなったことにより、情報も共有しやすくなりました。
 
 多くの医師にも、電子カルテ化によりパソコンの入力スキルが求められています。

ITスキルと地域連携クリティカルパス

 地域連携クリティカルパスは、安全な医療や良質な医療のために開発された診療計画表です。患者が急性期病院から療養を目的とした回復期病院に移る課程で、早期に自宅で過ごせることを目的として、患者が治療を受ける医療機関全てで共有されています。
 
 地域連携クリティカルパスの作成にもITスキルが必要とされます。地域連携クリティカルパスが、多くの病院で共有化される書類だからです。ここで必要とされるスキルは、書類作成の際の文書処理能力やパソコンの基本的スキルです。

訪問看護とITスキル

 ITスキルは訪問看護の場でも活かされはじめています。患者との連絡ツールの1つになっているのです。ITを訪問看護の場に取り入れることによって、経費削減にも繋がりますし、情報がうまく共有されることによって緊急の事態にも備えることができます。
 
 さらに、今後の訪問介護において、GPS機能や画像データの共有によってさらなる医療への期待がされています。
 
 医療現場では、高齢者社会にともない訪問医療を含む地域医療が推進されてきました。今後も訪問介護でのITは広がりがみられると予想されます。
 医療の現場では、電子カルテをはじめてして、さまざまなITが活用されています。当然医師もITに対応することが必要とされてきているのです。ITスキルを身につけることで、業務の効率化や進むITに対し迅速な対応をすることができます。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!