公立病院で働く看護師の仕事とやりがい

公立病院の看護師業務の特徴

 公立病院での看護師の業務は、医療的処置ひとつをとっても多岐にわたります。公立病院の看護師は人事異動により定期的に様々な科に配属されることが多いです。配属された科によっては医療的なケアの内容が大きく異なることもあります。地方の小規模病院では、ワンフロアに様々な科の患者さんがいる混合病棟も珍しくなく、患者さんごとに処置が違うといったケースも珍しくありません。
 
 また、大学病院などと比べて先進的な医療を行う病院は多くありません。その代わり公立病院では、地域の中枢病院として救急対応や生活習慣病の予防対策、人間ドックなどに力を入れています。そのため、看護師の活躍の場は病棟外の外来業務や地域連携室、人間ドック勤務などバリエーションが豊富です。部署異動することにより自分が活躍したいジャンルやライフスタイルに合わせた働き方もできます。

公立病院の勤務態勢について

 看護師として就職する時、最も気になるのは病院の夜勤体制だと思います。夜勤体制は長く勤務を続けられるか、子育てなど家庭生活との両立ができるかの重要ポイントとなります。公立病院では3交替制をとるところが高い一方、国立の病院では2交替制がほとんどです。
 
 3交替勤務は拘束時間が短く、プライベートの時間や家族と過ごす時間を確保しやすい反面、日によって出勤時間が違うために生活リズムが取りづらいのが特徴です。看護師によって向き不向きがあるため、自分に合った働き方のできる病院を選ぶことが公立病院に就職する際のポイントです。
 

公立病院の看護師のやりがいとは

 公立病院には地域との結びつきが強くアットホームな雰囲気があります。看護師も地元出身者や地元に住んでいる人が多いのが特徴です。勤務年数の長いベテランナースも多く、定年後もパートとして勤めている看護師もいます。地元や職場への愛着、看護師やスタッフ同士の仲間意識が高い職場のために、働きやすい職場環境であることが伺えます。
 
 また、病院側もベテランナースのスキルアップに積極的です。生活習慣病や認知症ケアのエキスパートを養成すべく、看護師の認定看護師取得をバックアップする体制が整えられているところもあり、地域医療を担う人材としてその活躍が期待されています。さまざまな経験を通してスキルを上げたい人にはやりがいを感じられる職場といるでしょう。
 
 
 生活の基盤を固めつつ、看護師としてスキルアップをはかることのできる公立病院の看護師はやりがいのある職場といえるでしょう。
 人と人のふれあいがあり、地域と密接に関わりがもてる公立病院。さまざまな業務を経験したい人にぴったりの職場です。
 
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!