看護師が転職の意思を家族に伝えるタイミングとは

配偶者や子どもがいない場合

 配偶者や子ども、介護している家族など、あなたの生活リズムが大きく関係している人が同居者にいない場合は、転居が必要でない限り急いで伝える必要はないでしょう。気持ちが決まった時点で相談しておき、サポートが必要ならその点も相談しておきましょう。転居が必要な場合は様々な手続きが必要ですので、転職が決まる前にも相談しておくとスムーズでしょう。
 
 ただし勤務のパターンが大きく変わる場合は家族に伝えて、事情を分かっておいてもらいましょう。
 

就学中の子供と同居し転校の必要が無い場合

 もし配偶者や子どもがいる場合は、あなたの生活リズムが大きく関わってきますので、事前にパートナーと転職についての相談をしっかりしておきましょう。生活リズムや収入の変化など、生活に関わる変化についても相手に理解してもらい、生活設計をしておきます。
 
 もし転居が必要で、子どもにも転校が必要という場合は、子どもにもきちんと説明しておくことが必要です。転職先が決まる前に子どもに伝えてしまった後に、転職がなくなったりすれば小さな子どもには混乱を招くので早めに伝えていきたいところです。しかし、転居が決まって急に転校となると、子どもへの負担はもっと大きくなってしまいますので、状況と子どもの様子を見極めて的確に伝えてあげましょう。
 
 転校が必要な場合は、可能であれば学校のスケジュールに合わせて転職スケジュールを組んでおくと、子どもへの負担がより軽減できます。学期の区切りや学年の区切りなどが望ましいです。
 

子どもを転校させる必要あり、高校生以上の場合

 子どもが高校生以上の場合は、子どもの人間関係も複雑になっています。ですからなるべく早く伝えてあげるべきです。転職をするという気持ちが固まった段階で伝えてあげるのが望ましいでしょう。高校生以上になると、大人として扱ってあげることが必要になります。手続きについても転入試験を受ける必要がありますので時期を考えなくてはなりません。
 
 また、状況によっては親元から離れて暮らすという選択肢も高校生以上には存在します。子どもの意思も確認し、転職後の生活をどうしていくか決めましょう。収支含めて色々な選択肢を検討する必要があります
 
 転職を家族に話す時期としては、大人同士の話し合いなのか、引っ越ししなければならないのか、子どもの教育には問題がないのかということを考えなければなりません。大人同士の場合、看護師は生活が不規則なこともありますので意識をして家族と相談をするのが望ましいです。子どもの教育問題が絡む場合では、収支、環境含めて慎重に取り扱うことが必要になります。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!