看護師求人には直接応募したほうが採用率が高い?

人事担当のホンネ

 転職サイトや転職エージェントを経由して応募してきた看護師の採用には、転職サイトや転職エージェントへ支払うお金がかかります。そのため、「直接応募だと採用経費が安い」というのは、事実です。このように考えると、一見直接応募のほうが有利に思えます。
 
 では、なぜ病院は転職サイトや転職エージェントに人材を紹介してもらいたいと考えるのでしょう?理由は2つあります。
 理由1:病院のウェブサイトに掲載してもなかなか応募者が来ない
 理由2:応募がきても、欲しい人材像にマッチしないことも珍しくない
 
 これらの理由から、転職サイトや転職エージェントに人材を紹介してもらった方が、タイムリーかつニーズに沿った人材を確保しやすいと考えているのです。
 
 では直接応募にはメリットが全くないのでしょうか?実はそんなこともありません。

直接応募のメリット

 全く同じレベルの知識・技術・経験を持った看護師が応募してきたとします。片方は転職サイトやエージェント経由、片方が直接応募の場合、直接応募のほうが有利になります。
 
 有利になる理由としては、こんなことがあげられるでしょう。
 ・自らこの病院を選んでくれたという意欲が感じられる
 ・仲介手数料がかからない
 ・応募者と直接やりとりできるので、事務手続きなどが少ない
 
 しかし、直接応募にはメリットばかりではありません。続いて、直接応募のデメリットについて考えてみましょう。

直接応募のデメリット

 直接応募のデメリットを一言で表すなら、「全て自力で行う必要がある」という1点に尽きます。
 例えば
 ・病院の情報収集
 ・労働条件交渉
 を全て自分一人で行うとなったらどうでしょうか?
 
 病院の情報については、インターネットでもある程度調べることができます。ただし、その病院に勤めている人の生の声など、病院の内部情報に関する情報を得るのは難しいでしょう。
 
 続いて労働条件交渉です。給与や休暇、残業、夜勤など、労働条件に関する全ての交渉を自力で行わねばなりません。とても待遇の良い病院で、交渉の必要が全くない場合は良いでしょう。しかし、子供が小さいなど家庭の事情で、夜勤の曜日を固定にしたかったり、残業できない日がある場合などは、交渉が必要です。採用してもらう側に立つと、このような交渉はし辛いという人が多いのではないでしょうか。
 このように、直接応募にはメリットもある一方で、デメリットもあります。これらのメリット・デメリットを踏まえたうえで求職活動を行うと良いでしょう。
 
 「どうしてもここで働きたい!と思える病院がある」など、特定の病院が決まっている人は直接応募の方が良いでしょう。逆に「条件の良い病院で働きたい」「親の介護や子供の世話など、事情があるので待遇交渉をしたい」という場合は、直接応募ではなく、転職サイトや転職エージェントを利用した方がスムーズに進みそうです。
 
 自分の現状や働き方、希望などをよく検討して決めたいですね。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!