離婚を機に転職・復職したい看護師のためのヒント集

離婚を機に転職・復職する看護師は人気なのか

 結婚や出産を機に離職したり、夜勤のない勤務体系などを求めて転職したりする看護師は少なくありません。しかし、何らかの事情により離婚をすることになれば、看護師として転職や復職を考えなければなりません。看護師にとってはブランクが気になるところですが、実は、このような方々は医療機関から人気が高いといわれています。その理由は、生活がかかっているためモチベーションが高く、医療機関側の要望にも答えてくれる上、離職の心配があまりないからです。夜勤が可能であれば、急性期病院や待遇がいい大きな病院への転職も実現するかもしれません。育児中で夜勤ができない方は、需要が増えている訪問看護なども狙い目でしょう。

ブランクは不利なのか

 実際に看護師として復職するために転職活動を始めたり、かつての看護仲間から話を聞いたりすると、進化の激しい医療機関への復職の厳しさに、肩を落とす方も少なくありません。「まずは勉強してから」などとアドバイスを受けると、生活がかかっている身としては現実的な選択ではないと感じることでしょう。さらに看護師としての「自信」も失ってしまうかもしれません。もちろん厳しい現実に変わりはありませんが、医療機関が離婚を機に転職や復職を希望する看護師を受け入れないというわけではなく、看護師自身が自信を失い不安になる場合が多いのではないでしょうか。

ブランクがある看護師の需要はある

 前述した通り、医療機関にとっては離婚を機に転職や復職をする方は「安心して雇える看護師」です。加えて、深刻な看護師不足に悩まされる多くの医療機関では、看護師不足を解消するために復職プログラムなどを完備し、受け入れ体制を整えています。また、医療機関や自治体が研修やセミナーを定期的に実施し、ブランクのある看護師を支援している場合もあります。ある意味では、他業種の復職に比べると、看護師の復職は待遇がいいといえるでしょう。このような状況から、ブランクのある看護師でも需要は多く、転職や復職も「決意」次第で可能性が広がります。看護師求人サイトを上手く活用し、自分にあった無理のない求人を探してみてはどうでしょう。

あせりは禁物、じっくり時間をかけて

 離婚を機に転職して勤務体系が変わったり、復職して久しぶりに現場へ復帰した看護師は、ブランクを埋めようと必死になる傾向にありますが、焦りは禁物です。雇用主である医療機関は、ブランクなどの事情をわかった上で雇っているので、あせる必要はありません。ゆっくり時間をかけ、確実にブラッシュアップすることが大切です。また、離婚を機に転職や復職をする場合には、キャリアプランやライフプランを再検討し、修正していくことも重要となります。看護師転職の専門サイトでは、キャリアアドバイザーなどに相談することもできるので、利用してみるのも1つの方法です。
 売り手市場の看護師は、高待遇で受け入れてもらえる職種の1つ。ブランクがあっても、これまでのキャリアを最大限に活かし、転職や復職が可能です。長いブランクがあれば不安はつきものですが、1つずつ解消し、第2の看護師ライフを充実させてください。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!