看護師の経験を活かそう!年収アップ法

経験を評価する職場であるか?

 看護師の年収は比較的高いといわれています。これは多くの場合、夜勤や残業につく手当が含まれているためです。
 通常、勤務年数が多ければそれだけ年収もアップすると考えられますが、勤め先の病院や持っている資格によって年収の上がり幅は様々なようです。勤務する病院やクリニックから得る評価は正当か、それに見合った収入は得ているかなど、疑問に思う場合は転職もひとつの手として検討してみましょう。
 

準看護師から正看護師になって年収アップ

 経験を活かして年収アップを考えている場合、準看護師なら正看護師になることも年収アップの手段のひとつになります。働きながら勉強するのは大変ですが、正看護師の資格があると転職の際も有利になります。同じ経験年数でも、準看護師よりも正看護師の経験年数のほうに重きをおかれるからです。
 
 また、専門学校卒の看護師なら大学へ、大学卒の看護師なら大学院へ進むこともキャリアアップになり、年収の増加にもつながります。専門分野のスペシャリストを目指したい人などに適しています。
 

資格取得によるキャリアアップで年収アップ

 大学病院などの規模の大きな病院は、OJTや院内研修ができるキャリアアップ支援の制度が充実し、キャリアパスを構築したい看護師のバックアップ体制が整っているところがあります。病院によって多少の支援の仕方は違いますが、看護師を育てる支援制度を実施している病院は多くあります。
 
 それらの教育制度を利用し、専門看護師、認定看護師、あるいは管理看護師などの資格を取ることで、年収を上げることが可能です。ほとんどの病院が資格を年収の加算対象としています。
 

転職により年収アップ

 転職で年収がアップするのはどういう場合でしょう。
 
 資格を取得し年収アップを目指す方で、もし在職中の病院に資格取得への支援制度がない場合は、制度がある病院への転職で、資格を取得しやすくなり、結果年収アップが期待できます。
 資格に関わらず、専門分野でのスキルアップを目指す場合も、希望する専門分野への転職で専門性を高め、年収をアップさせたりその後の転職に有利に働くことが考えられます。
 
 もしくは今の職場で、自分の経験年数や働きが適切に評価されていないと感じている方も、転職でよりよい条件の職場を探すことができます。転職エージェントなどを利用し、自分のスキルがどのようにアピールできるか一緒に考えてもらうのも一つの手です。
 年収アップを考えた場合、それまでの経験プラス資格などのキャリアアップを目指すことが確実な方法といえます。院内の支援制度を利用するのもいいですし、支援制度がない病院なら支援制度を利用できる病院を探して転職するのもいいでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!