私の年収は低すぎ!?50代の薬剤師の平均年収をチェック

薬剤師の年収はいずれの年代でもサラリーマンより上

 薬剤師全体の平均年収は、いずれの年齢においても一般企業のサラリーマンより高いといわれています。その理由は安定性にあり、継続して働き続けることができるので年収もそれなりに上がるということです。
 
 また、大手製薬会社などに勤務する薬剤師や優秀な研究者などは年収が800万~1,000万円にもなり、また、ドラッグストアの店長クラスでも700万~900万円を超える高額な年収を得ています。これらの高所得者が薬剤師の平均年収を引き上げているといってもいいかもしれません。

薬剤師の年収は業種により異なる

 薬剤師の年収は勤め先の業種により異なり、病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社の順に年収が高くなります。
 
 病院は規模や法人により年収が異なり、公共の病院の場合は公務員の給与に準じているため、民間の病院より高くなるようです。大手調剤薬局チェーンでは年収がやや低めになりますが、薬剤師が足りない地域や中小の調剤薬局では相対的に年収は高めの傾向です。
 
 ドラッグストアでは薬剤師手当が月に数万円支給されるため、調剤薬局より年収が高くなるといわれています。また、製薬会社の初任給は低めですが、生涯賃金は医療機関へ勤務するより高くなるでしょう。

50代は年収のピーク

 一概に50代といっても薬剤師としての経験が浅ければ、10年20年の経験を持つ薬剤師と同額の年収を得ることはできません。経験豊富な50代の薬剤師であれば、教育指導や店長という責任ある業務や肩書がつき、年収もアップするときです。50代は薬剤師に限らす年収のピークといわれており、60代になると年収は下降していきます。
 
 また、この時期には退職後のことを考える方も多く、転職をする薬剤師も少なくありません。転職先は病院などが多く、経験と実績を活かして若手の育成や指導などを行う道も選択可能となるでしょう。

差異が生じる50代薬剤師の年収

 50代の薬剤師の年収は400万~850万円。男性薬剤師では50代前半に700万円を超す場合もあり、50代後半では650万円程度とされています。女性薬剤師の50代前半の年収は450万円程度、50代後半では500万円を超す方もいるようです。男性薬剤師の場合は後半に年収が下がりますが、女性薬剤師の場合は後半に年収が上がる傾向にあります。女性薬剤師の年収が男性薬剤師より低い理由は、30~40代に出産や育児などでキャリアがストップしたりブランクができてしまい、平均年収が停滞してしまうからです。
 
 また、前述した通り、製薬会社に務める薬剤師は年収1,000万円も珍しくなく、ドラッグストア店長の年収も高額となる時期です。50代というのは男女で年収が異なるだけでなく、年収の額にも大きな差が生じる年代ともいえるかもしれません。
 安定性が高く人気も上昇している薬剤師は50代で年収のピークを迎え、薬のスペシャリストとしても脂が乗りきった充実期です。この時期にゆっくり定年後のことも考え、将来に備えることをお勧めします。まだ50代に届かない方は、年収アップを狙って製薬会社やドラッグストアの店長を目指してみるものいいかもしれません。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!