20代薬剤師に求められるスキルやキャリアパスとは

まず知っておきたいキャリアパスとは

 キャリアパスとは目指すキャリアに向けて、どのような経験を積んでいく必要があるかをあらわす言葉です。企業においては、社員が役職を得るために必要な経験を計画する時に使われます。
 
 日本では、ひとつの職場に長い間勤め、役職を得ていくためのキャリアパスという側面が強いです。大規模な薬局チェーン店や製薬会社などではひとつの会社の中で、薬剤師として経験を積むことができます。
 
 しかし、小規模な薬局などの場合は違います。目指すキャリアによっては、さまざまな職場の業務を経験し転職を重ねていくことも、キャリアパスに組み込む必要が出てきます。

20代の薬剤師に求められること

 20代の薬剤師には、スキルやこれまでのキャリアはあまり求められません。20代といっても、6年制の薬学部を卒業し薬剤師として働き始める人が多いため、薬剤師としての経験にそれほど差が出ないのです。
 
 20代の薬剤師に期待されているのは、これから実践の中で知識や技術を身につけていこうという積極的な姿勢です。薬剤師としての経験が浅い反面、若さゆえに新しい知識や技術を身につけるスピードが速いという期待があります。
 
 キャリアパスを考える際も、20代は自分に必要な知識や、日々進化する新しい技術を身につけることを中心に組み立てましょう。また社会人として、基本的なルールを理解することや、職場独自のルールを身につける必要もあります。

20代の薬剤師と転職の話

 20代薬剤師の転職はどうとらえられるでしょうか。20代は新しい業務にも比較的はやく慣れてくれるという期待や、長く働く薬剤師を育てられるという面から、求人を出す側からも需要があります。
 
 はじめに就職した場所で思ったような働き方ができなかったり、今後のキャリアを考えたときに別の場所での経験が必要だと思ったりした時には、20代での転職も決して早くはありません。しっかりキャリアパスを考えての転職であれば、転職活動も成功しやすいでしょう。

20代の薬剤師の転職で大切なこと

 まず、転職するにあたって自分が何を求めるのかはっきりとさせましょう。それは、年収アップであったり、スキルアップであったり何でもいいので、ひとつでも自分が大切に思う目的をはっきりさせることが大切です。ただやみ雲に転職をするだけでは、モチベーションも上がらず、転職を繰り返してしまう原因になります。採用側は、転職が多いと慎重になることもありますので、注意しましょう。
 
 また、20代のうちは専門知識よりも一般的なビジネスマナーを重視しましょう。採用側は、一緒に働く人材を探しています。いくら優れたスキルがあっても、一般常識がなくコミュニケーションが取れないとマイナスに捉えられてしまいます。
 20代のうちは、薬剤師としての土台を作る時期です。もちろんスキルも大切ですが、スキル以上に、ビジネスマナーやコミュニケーション能力、やる気の面で評価されることも多いということを知ってキャリアパスを計画しましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!