年代別に見る薬剤師の年収と働き方

年代別に見る薬剤師の年収とは

 全体的な薬剤師の年収は約500万円です。年代別に見ると年収はどのくらいなのでしょうか。
 
 1.20代の薬剤師
 20代の薬剤師の平均年収は約450万円です。20代の時点では男女の給与に大きな差はありません。
 
 2.30代の薬剤師
 30代になると男性の平均年収が約570万円、女性では約520万円ほどです。女性の場合、妊娠や出産などで一時期現場から離れることがあるため、男女の給与に少し開きが出てきます。
 
 3.40代の薬剤師
 40代では男性の平均年収約730万円に比べ、女性は約560万円と約200万近く差が出てきます。女性の場合、子育てのため正社員から派遣へと移行する薬剤師の方も多いからです。
 
 4.50代の薬剤師
 50代になると男性約670万円、女性約600万円と40代に比べて年収が下がる傾向にあります。

全世代に人気の薬局勤務

 薬局勤務は薬剤師でも人気の働き方です。ある調査では、薬剤師全体の約半分が薬局に勤めているという結果が出ました。調剤薬局の業務は、薬の調剤や患者に対する服薬指導などです。薬局では、30代を超えると管理薬剤師として勤務することも可能になります。管理薬剤師になるとさらなる年収アップも夢ではありません。
 
 薬局の場合、400万円から650万円が年収の相場となり、勤続3年の間は450万円から500万円くらいの大幅に年収アップすることが特徴です。

年収アップが期待できる製薬会社

 薬剤師は薬局や病院での働き方以外に、製薬会社で働く方法もあります。製薬会社での業務は新薬の開発や、開発にともなう書類の作成などです。製薬会社の規模にもよりますが、年収の相場は400万円から800万円くらいになっています。
 
 さらに、製薬会社の中でもMRという営業職は成績によっては、年収1000万円を目指せる仕事です。製薬会社に勤務する場合は、外国製の薬の分析などに英語を使うこともあるため、ある程度の英語力が求められます。

派遣薬剤師という働き方も人気

 妊娠や育児にともない、正社員として働き続けることが難しくなる場合もあります。家庭との両立を考えて、派遣薬剤師という働き方を選択する薬剤師も少なくありません。正規雇用での薬剤師は勤務時間などが定められているのに対して、派遣薬剤師は自分が勤務できる時間帯に合わせて、職場を選択できるというメリットがあります。
 
 正社員と比べて福利厚生やボーナスなどはほとんどありませんが、都合の良い時間に働くことができる方法として人気のある働き方です。
 一般的に薬剤師は、40代までは給与が上がっていく傾向にありますが、50代になると給与が下がったり頭打ちになることも少なくありません。薬剤師には、調剤薬局や病院だけでなくさまざまな働き方があるので、給与や自分のライフスタイルと相談して、より自分にあった働き方を見つけることが大切です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!