薬剤師の転職・引き留めや退職トラブルへの対策方法

早く伝えていても退職できない時には

 退職の意思と時期が固まったなら、ぎりぎりにではなく早めに上司に辞意を伝える必要があるのは、薬剤師に限らずどのような仕事にも共通するポイントです。欠員に対する補充人員の募集をする必要があり、場合によっては直接の引き継ぎが要求されることもあるでしょう。
 
 退職の意を伝えたにもかかわらず、現職へ強い引き留めが行われたり、会社の規定をたてに辞職が認められないなどのトラブルがあります。求人をかけても思うように変わりの人材がみつからないために、退職時期をずらしてほしいと頼まれることも少なくありません。
 
 しかし、退職すること自体は労働者としての権利であり、労働基準法によれば2週間後には仕事を辞めることができると定められているのです。もちろん、たいていの場合において、2ヶ月前後の余裕を持って退職することになります。しかしこれは人員補充や引き継ぎ作業のための準備期間であり、一般常識として習慣づけられているのにすぎないのです。
 
 実際に、行きすぎた引き留めにあったり、会社独自の規定を持ち出されることで、せっかく決まった転職をあきらめるケースもあります。そうならないためにはやはり、強い意志を持って話し合いに臨むしかありません。人手不足がわかっている職場からの退職では、時間的余裕を大きく持つようにするなど、相応の配慮をすることも考えみましょう。

話し合いは譲渡を含めて落ち着いてできるようにする

 退職の意思や予定は、上司に最初に伝達するようにします。もちろん、転職の予定などを知っている親しい友人が職場にいれば別ですが、基本的には同僚に気軽に話すことは控えるようにしてください。
 
 この時点では了承してもらえたとしても、代わりの人材が思うようにみつからなければ、引き留め交渉がはじまることになります。話し合いに対してはなるべく落ち着いて行うようにし、場合によって多少の譲渡を交えながら進めていくのがよいでしょう。
 
 ここで大切なポイントは、「多少の譲渡」はしても、決して退職の意思は変わらないということをはっきりと伝えるというところにあります。はっきりしない態度をとることで、「強く慰留すればやめないのでは」と考えられてしまうと、引き留め交渉が長びくことにつながるためです。ここまでは譲れるが、それ以上は無理だという線引きを決めて話し合いをすするようにしてください。

引き継ぎは確実・丁寧に行えるように準備をしておく

 上司や会社との退職交渉とは別に、担当している業務についての引き継ぎ準備をすすめましょう。話し合いがなかなか進捗しないとしても、退職の時期から逆算して支度を調えておくことで、自分の責任をしっかり果たすことができます。
 
 転職に際しての退職は、できるだけ円満に進められるように考えるべきことですが、なかなか思うようにならない場合もあるものです。引き留めを行う側としても、実際の業務に差し障りが生じないよう、懸命に対処している結果であるかもしれません。しかし、それにどこまで付き合えるのかは気持ち1つのことであり、あまりに義理に縛られすぎていては永遠に転職が叶わなくなってしまいます。
 
 退職するということだけは変えることができないとしても、それまでの職場に対して残りの期間で何ができるのかを考え、粛々とこなしていきましょう。通常の業務はもちろんのこと、辞めた後のことにも一応の心遣いをしておけば、すっきりした気持ちで新たな仕事に就くことができるのではないでしょうか。
 退職が言い出しづらい職場もあるかもしれませんが、伝えることを先のばしにしてぎりぎりになることは、トラブルを招く要因になります。適当な時期に退職を伝えることは、最初にすべき重要な行動なのです。転職エージェントなどでは、退職時のトラブル相談などを受付けていることもあるので、活用することも考慮しながら上手に退職を進めましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!