キャリアが豊富で働き盛りな40代医師の年収事情

40代医師の年収は高額

 40代の医師は、一通りのキャリアを乗り越えて経験も豊富です。着実にキャリアアップを重ねてきた医師ならば、医療の最先端で活躍していることも多いでしょう。
 
 開業医となるのも40代前後が多いと言われています。自らの病院を設立し経営も含めてすべてが自分の手に委ねられます。最初のうちは開業費などの工面やローンの返済で資金面の苦労をしますが、経営が軌道に乗ってきてローンも完済できると医師としての年収は雇われていた時よりもはるかに多くなるでしょう。
 
 全国的に見る40代医師の平均年収は、月収88万円、年収が1,200万円となっています。

転職を利用して役職につく

 40代の医師が今よりも高い年収を受け取りたいと思ったら、転職をするという方法があります。経験も実績もある40代医師は、転職をする際にも様々なメリットのある求人が選べるのも事実です。
 
 特に役職付きの求人は40代医師にとっては願ってもいない年収アップのチャンスです。役職についた場合の40代医師の平均年収は、医科長・診療部長で1,500万円、副医院長1,600万円、医院長1,800万円が相場です。
 
 キャリアアップと年収アップを転職によって手に入れることができるのが、経験とキャリアのある40代医師の強みでもあります。

大学病院と市中病院の年収差

 一般的に経験とキャリアがある40代医師ですが、年収に2倍近くも差が出てしまうことがあります。それは研修医を終了して医師資格を取得し、どこで働くかという進路の時点で大きく差が出てしまうのです。
 
 医師として学ぶ環境が整っていて沢山のメリットがあるように思える大学病院は平均年収が300万円~700万円と低く、平均年収600万円~800万円の市中病院勤務の医師との差は明らかです。
 
 これらの年収の差は20代~30代という経験と実務を積む時期にはそれほど差がでませんが、キャリアが落ち着く40代になると急に差が開きます。
 
 大学病院勤務の40代医師が年収アップを望むのであれば、教授になるというキャリアアップをしないことには始まりません。平均年収1,000万円台を狙うためには、進路を決める際に市中病院への勤務を選択することが40代になってからの年収に差をつけるのです。
 
 大学病院と市中病院、最初の決断によって40代医師の年収に大きな差が生まれてしまいます。

40代医師が満足できる年収の高い職場とは

 医師の年収は場所によって大きく変わります。特に「医師の需要が高いところ」は、40代医師の求める年収に見合った年収が望める可能性があります。
 
 診療科別に見ると、医師の数が少ない小児科・産婦人科・麻酔科・外科などは、平均年収が3,000万円というところも見られます。
 
 他にも医師不足が深刻な問題となっている地方都市では、他の場所よりも多めのお給料を提示して医師の獲得に必死になっています。特にキャリアや経験もある40代の医師を地方に呼び寄せるために5,000万円という高額な年収を提示してくるケースもあります。
 
 年収を上げたい40代医師は、「医師の需要が高いところ」へ行くことが大きな年収アップにつながります。
 40代医師の年収は全国的に見ると平均的に高めです。しかし職場によっては、思ったように年収が上がらなかったり、働きに見合った年収が得られていないと思ったりする方もいます。40代の医師はまだまだキャリアアップ、そして年収アップを狙える年齢ですので不満を抱える方は転職という選択肢を考えてみるのも手です。