これからのキャリアプランや必要スキルをさぐるー40代

40代前半のうちに決めておきたい方向性

 多くの人が若手~中堅として30代までを過ごし、色々キャリアを積んだことかと思いますが、その後40代以降のキャリア転換を図るなら、40代前半のうちにその地固めをしっかり行っておく必要があります。自分が開業医になるのか、医局にとどまって後進の育成をするのか、クリニックなどの勤務医として働くのか…。それぞれに必要なキャリアも知識も異なります。
 
 自分の行きたい方向性が確立したら、あとは遅くても40代前半のうちに準備~実行に移しておくことが求められます。理由として、診療科にもよりますがチームで医療を行うような施設や診療科の場合、役職者も自分とほぼ同年代、もしくは30代後半の主任などもでてきます。医療の現場、特に医局は未だに年功序列を重視する傾向にありますので、よっぽどのケースを除き、現在の上司より年上の人員補充は行わないでしょう。だとすれば、特に役職を意識して、自らが上長として受け入れられることを目標としているならば、一日でも早く転職活動を始めた方がよいのは明白でしょう。

医局に残ると決めたら

 医局に残る40代の多くは、何らかの役職者や臨床での第一人者としての地位を身につけ始めている時期に差し掛かり、50代で更に活躍する姿を模索することでしょう。自らの研究や臨床実績が一定の評価対象になると、その後の異動も減り、安定した職場環境を得られることとなりますが、一方でしっかりした臨床での実績などがない場合、役職者が年下になる上に発言力も少ないなど、肩身の狭い人生を送ることになるかもしれません。
 
 そうならないためにも医師としての技術向上はもちろんのこと、「後進の育成や臨床の現場での地位確立のために、チームワークを意識した、管理者やチームリーダーとしてのスキル」も40代を迎え医局に残るなら特に磨いておきたいスキルといえます。

開業のタイミングトップ1位は40代

 中堅(30代後半)以降で臨床経験も多く、かつ基本給も安定して得られるようになると、独立開業を考える人が多く、実際開業のタイミングは30代や50代よりも40代前半が多いのが現状です。ただ、開業をしてもすぐ軌道に乗るかは確約できないためできるだけ「収入が安定するまでの蓄え」を残した状態で開業医になることをお勧めします。
 
 安定した患者が来院するようになれば、やはり勤務医より開業医の方が年収の平均は高くなりますが、開業してから数カ月~数年は大変な思いをすることが多いのも事実です。開業資金そのものはもちろんのこと、それ以外の人件費や経費を残しておかないと、あとあと立ち行かなくなることがありますので、技術だけでなく、それなりのマネープランや他の医療従事者とのコミュニケーション力なども早めに養っておきましょう。
 医師として活躍したい、生涯現役で居たいと願うなら40代のキャリアをどのように積むかは非常に重要です。また、多くの現場でチーム内や医局内のマネジメント力や調整力を求められるようにもなってきます。診療以外にも考えることは増えますが、ぜひ対応できるよう努めていきましょう。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!