私たちにとって身近な存在・内科医の給与と求人状況とは

1.内科医の給与は勤める地域と病院で決まる

 内科医は私たちの生活に最も接した分野なので、さぞかし引く手あまたで良い給与を受け取ることができるのだとうと想像してしまいます。しかし実際には勤務する地域と病院によって大きく給与が違うのです。
 
 自分に適した環境と仕事条件を手に入れることができるのは一部の内科医であり、その他の多くは30代~40代を機にスキルパスを考えて転職をしたり職場を変わったりと動きが多くなります。
 
 週に4~5日働く常勤では、一般的に年収1000万円~14000万円が相場です。病院の大きさや契約によっては外来・病棟管理・当直・救急対応などまですべてこなさなければならず、給与と仕事量が見合わないことも多々あります。自分が納得できる勤務体制と給与がバランスよく合い混ざっている病院で働けるのが内科医の理想です。

2.研修医でも給与がもらえる

 国家試験に合格し初期研修を終え後期研修に入ると、立派な医師への仲間入りです。研修医時代はほぼ無給での仕事となり、知識と経験を積んで学ぶことに重点が置かれています。
 
 研修医は仕事量も多くアルバイトをする時間もないので生活的にも経済的にかなり厳しい期間だと言えるでしょう。しかし臨床研修の制度が改善されたことで多少なりとも初期研修医だと年収300~400万円、スキルが上がってきた後期研修医となると年収600~800万円の給与がもらえるのです。

3.高所得者・開業医が成功するとは限らない

 人々の生活に一番馴染のある内科医、ある程度の経験とスキルを積んだら開業医になるのが最も高い給与をもらえるイメージがあります。しかし診療点数の改正やクリニックの増加にともない開業医が常に成功するとは約束できない状況になってきています。
 
 開業医になるためには、自らが資金を集めてローンを組みマネージメントをしていく必要があります。ですから開業時は借金を抱えながらのスタートとなり、軌道に乗せるまでは夢に見ていたような給与が稼げるわけではないのです。
 
 このような点から開業医は家族経営の所が多く、開業医の子供がクリニックを継ぐというのが開業医ならではの経営リスクを避けられる方法なのです。開業医として成功をすれば年収が2500万円にも上ります。

4.内科医の求人は転職サイトを利用しよう

 勤める地域と病院によって大きく給与の差が出る内科医は、自分の納得できる環境と条件で働くために転職を考えだす医師も多いかと思います。特に給与面でのやりとりは自分自らが次の雇用先と交渉するよりも、転職サイトを利用して効率よく選択肢を絞っていくことが大切です。
 
 転職サイトを通じて給与アップや勤務条件などを明確に提示できるので、採用されてから後悔するようなことが避けられます。直接は聞きずらいようなことでも転職サイトを活用させて沢山の情報を集めましょう。
 
 また、家庭と仕事を両立させたい内科医は、アルバイト(非常勤)として働くことも可能です。医療専門の求人サイトには、家庭を持っている医師が働きやすい時間帯のアルバイトも提示されています。しかしとても人気があり求人数も少ないので、複数の求人サイトに登録をして沢山の選択肢をチェックしておきましょう。
 私たちに身近な内科医の給与は平均的にも高いと思われがちですが、勤務する場所・勤務状況によって満足度が大きく違ってきてしまいます。自分に合った環境と勤務条件がピッタリとあった時に、仕事に見合った給与だと実感できるのです。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!