医師の中でもハードな仕事・外科医の給与と求人状況

1.ハードな割に給与は変わらない

 外科は医療の知識だけではなく、手術をするにあたっての高い技術が必要となってきます。患者さんに対する責任や仕事の重さはやはり他の科に比べても若干上回ってしまうのです。
 
 しかしそんなハードな外科医であっても給与は他の医師と変わりません。後期研修医では年収が民間の病院勤務で500~600万円、大学病院の医局勤務では300~400万円が相場です。
 
 医局で働く際には外科医だからといって特別な給与の優遇があるわけではありません。講師になれば年収が700~800万円、助教授では800~900万円、ほんの一握りの教授は1000万円前後と他の科と同じです。

2.外科医の高給取りは民間病院へ

 仕事と責任の重さにすると明らかに納得のいかない外科医の給与ですが、民間病院へ転職することで高収入を得る可能性が広がります。民間病院は地域によっては外科医が不足しており大学病院よりも若干給与が高いのが特徴です。
 
 したがって初期研修を終えた医師が大学病院に残らずに、民間病院へすぐに流れていくケースが多くなってきています。研修期間に仕事のハードさに触れ、少なくとも働く分の給与を欲しいと思うのが自然なことなのかもしれません。
 
 民間病院で部科長クラスになると年収は1500万円、院長になると2000万円以上も給与がもらえる可能性もあるのです。

3.外科医不足はなぜ起こるのか

 外科医は産婦人科と並んで医師の中でも最も若い医師が不足している科であります。それは少子化問題による需要の低下だけが原因なのではありません。
 
 医師が絶望的に不足している外科・産婦人科・小児科は想像以上に忙しく、研修医の間にこのハードな仕事環境を体験してこれらの科を避ける若い医師が増えてきたのです。
 
 そして何よりも外科の特徴でもある手術によって、患者さんから訴訟を起こされたりする可能性が高いことも外科医不足の大きな原因でもあります。
 
 体力的、そして精神的にも大きな重圧が圧し掛かる外科医に正面から立ち向かっていく若い研修医が少なくなってきています。特に地方では深刻な外科医不足が続いており社会問題にもなっているのです。

4.求人はあっても外科医がいない現実

 外科医不足が深刻になっている今、外科医であれば多くの求人や給与を得ることができるので好都合ではないかと思う方もいるかと思います。しかし外科医がいないからといって経験の少ない外科医が活躍できるほど甘くはないのです。
 
 一人前の外科医になるためには最低でも10年間の実務経験が必要になります。数多くの手術に出頭してスキルを学び自分のものにしていき一本立ちする、ここまで行きついてこそ「必要とされる外科医」なのです。
 
 決して豊富な知識だけでは職場を見つけることはできても、現場で役に立つことはできません。外科医はあくまでも実績がすべて、自分の望む求人を手にするということは外科医として一人前になった医師にしかできないことなのです。
 あらゆる面でハードな外科医になりたい医師が減ってきている今、外科医の全体としてのスキルの低下も懸念されています。一人前になるまでに時間がかかり、高い技術力・判断力・柔軟な対応が必要な外科医は医師の中でも花形であり、そして一番ハードな科なのではないでしょうか。だからこそ医師としてのやりがいや達成感があるのです。高い志を持っている若い医師は、ぜひすべての人が待ち望んでいる外科医を目指してはみませんか。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!