地方で医師として勤務するメリット・デメリット

地方勤務のメリット

 地方といってもその解釈は色々 あります。ここでは東京、大阪、名古屋などの大都市圏から離れたところでの勤務ということでお伝えしていきます。
 
 まずは住環境ですが、不便さはあるものの自然が豊かだったり、都市部のようにせわしない生活ではないよさがあります。また大都市圏から離れることで住居費が格段に下がり、同じような金額でも広かったり設備が充実していたりといった所に住むことができます。
 
 また診療所や病院が都市部に比べると少なく、また医師不足ということもあり、勤務は長時間になったり忙しくはあるのですが、その分そこに来てくれたことに感謝をされたり、医師として大切にされることも多くあります。また患者さんと対話する時間が増え、コミュニケーションをより多くとりながら診療ができることもあるようです。そして、医師として専門としている分野以外も診療しなければならないこともあるので、ジェネラリストとして鍛えられるというよさもあります。もともと医師の求人状況はよく売り手市場ではあるのですが、地方はやはり慢性的な人手不足になっているため、需要が高く年収が高くなります。
 
 地方という環境をメリットだと捉えられ、家族の了承が得られ、また自分の専門とする分野ややりがいを感じられる仕事がある場合は、不便さはありますが、地方勤務のメリットは大きいと言えます。また一般的に地方病院の方が需要が高いため年収が高く、待遇がよいということもメリットの一つですね。

地方勤務のデメリット

 まずは利便性の悪さということが考えられます。 街自体もにぎやかさはありませんし、交通も車がないと生活ができないというような不便さがあります。また買い物似いくのもスーパーやコンビニが徒歩圏内になるということはなく、車を使わないと買い物にいけないこともあります 。今はインターネットが発達して、ネットショッピングもできるようになったので、以前ほどの不便は感じないかもしれませんが、やはり都会での生活に慣れている方であればその違いに戸惑うことも多いようです。
 
 また家族がいる場合は、利便性そして教育の問題から地方を敬遠する方もいます。都会で充実した教育環境を子どもに提供してあげたい、習い事や学校も断然、都市部では選択肢が多くなりますので、子どもへの環境ということでデメリットを感じる人もいます。

自分にとってベストな勤務先の探し方

 転職を考える際に、勤務地は大きなポイントとなるかと思います。場所のことは調べられてもなかなか病院の実態となると分かりづらいことも多いものです。そこでホームページだけでは分からない情報は、転職エージェントに頼ってみるのもよい方法です。なかなか聞きづらい勤務時間や忙しさも聞いてもらえますし、現在勤務しているところをスムーズに退職するためのアドバイスなどももらえます。待遇などは第三者に入ってもらって交渉するほうがうまくいくことも多いのです。
 一口に地方勤務といっても、当然そのメリットとデメリットがあります。そしてそれぞれをどのように捉えるかも価値観によって変わってくるものです。仕事、環境、そして家族という側面から考えて納得した上で転勤するのがミスマッチがない方法と言えますね。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!