無理なくできる 在職中のスムーズな転職活動の秘訣

転職の希望条件は明確に絞りましょう

 特に具体的な条件を絞らず、良いところがあったら転職したい、という考えでは、なかなか転職活動はしづらいものです。医師として、日々の医療行為に従事しながらであれば、時間的な制約も厳しく、転職活動を思い通りに進めることができないことはよくあります。
 
 「在職中」という一定の制限がある中で、転職活動をできるだけスムーズに行いたいのであれば、転職先として検討する範囲を、ご自身の希望条件に照らし合わせて、具体的に絞り込むことをお勧めします。
 
 希望条件を決めることができたら、その中でも、優先順位をつけましょう。また、絶対にこれだけは譲れないという条件についても、じっくりと検討しておきましょう。
 
 ご自分の心の中に漠然とあった希望条件について、具体的に整理することによって、自分が目指す方向性についてもはっきりと自覚できます。また、ターゲットとしたい転職先候補もスムーズに選ぶことができます。

転職活動前に、必要な段取りをしておきましょう

 転職活動を本格的に始めるとなると、場合によっては、あなたが転職を考えていることが、周囲で噂になる可能性はゼロではありません。
 
 そもそも、現在の職場を退職する場合には、だれに、どのタイミングで、自分の転職の意思を伝えなければならないのか、職場の規約で確認しておきましょう。
 また、正式に転職の意思を伝えるタイミング以外にも、慣例により、事前にしかるべき上司や先輩に打診をしておく必要もあるかもしれません。
 
 今まで培ってきた信頼関係を、自分の心配りのなさが原因で壊すことにならないよう、周囲の反応や先例を尊重しながら、慎重に行動を起こしていきましょう。
 
 現在の職場で、あなたとともに働いている皆さんに迷惑をかけないことが円満退職の絶対条件です。

独りよがりになるのは禁物です

 在職しながら、同時に転職活動を進めることは、想像している以上に、肉体的にも精神的にも大変な労力を要する場合があります。
 
 責任感が強く、何でも自分ひとりで頑張って乗り越えようとされる性格の方は、抱え込みすぎて、日常の業務に支障が出ることがないよう、特に注意が必要です。
 
 転職活動自体は、各種書類の作成や面接のアレンジなど、普段医師として行っている医療行為とは全く異なる作業をこなす必要も出てきます。
 
 医師としては優秀だけれど、転職活動の作業は苦手だという方は、サポートしてくれるサービスを利用することも有効です。転職エージェントを利用するなど、効率のよい転職活動をしましょう。インターネットでも、様々なエージェントを探すことができます。
 あなたの転職が、在職中の職場で好意的に受け入れてもらえるよう、できる限りの配慮をして、転職活動を慎重に進めていきましょう。
 
 医師として働く以上、現在の職場でお世話になった方々と、将来また一緒に仕事をすることがあるかもしれません。何事も円満に進めることが一番大切です。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!