医師が退職時に揉めたときの解決方法、そして円満退社の秘訣は

揉めてしまう理由

 退職する際に揉めてしまう大きな理由の一つは、退職までの期間です。病院側としても今まで実績を積んで病院のやり方にも慣れている先生を手放すのは手痛いものです。また人手不足の場合もやはり引き止められます。
 
 中には、今まで育ててきたのに、そんな無責任だ、患者さんはどうなるんだといった方法で引き止められるケースもあり、そこに良心がとがめて転職をためらってしまう先生も多くいます。しかし多くの場合は次の転職先が決まってから、退職の意志を伝えるので、なかなか先延ばしは出来ません。しかし、勝手に退職日を決めるとは筋が通っていない、もう少しでいいからいてほしいといった具合に、引き止めにあい、揉めてしまうケースがあります。

退職で揉めると困ること

 このように引き止めにあってしまって、なかなか退職の日が決められないとなると、転職先にも悪影響です。あちらも転職の意志がないのだろうか、新しいところで頑張る意志が薄いのではないかと考えてしまいます。また最悪のケースでは内定の取り消しもありえます。
 
 せっかく忙しい中で時間を割いて転職活動をし、自分の働きたいと思える勤務先を見つけたのに、内定取り消しとなっては本末転倒です。また内定取り消しとならなくても、新しい職場に対して、いつまでの転職の日が決まらないというのは迷惑もかかりますし、はじめから印象はよくありません。

揉めたときの対処法、円滑・円満に退職する方法

 揉めてしまった時、引き止めにあったときは、それでも自分の意志をしっかりと通すようにしましょう。もちろん医師の世界はつながりも濃く、退職先との関わりが続くかもしれませんが、やはり自分で決めたことですので、しっかりと交渉をしていきます。
 
 引き継ぎ計画を示し、自分主導で引き継ぎを行うことで迷惑をかけないようにすること、患者さんにもきちんと説明することなどを約束して、最後まで責任をもって勤務する態度を示します。その上で自分の考え、退職日を伝え交渉をしていきます。
 
 また揉めないためにも、退職についてはまずは直属の上司に伝えます。同僚に先に話して噂として上司の耳に入れば気持ちよくなく、反対や無理な引き止めにあうリスクもあります。
 
 とはいえどうしても揉めて困ってしまった場合はキャリアコンサルタントに相談をしてアドバイスをもらったり、過去に転職をした先輩に揉めたり引き止められたりしたときにどのように対応をして解決をしたのかということを聞いておくとよいでしょう。
 医師は売り手市場で、優秀な先生であればあるほど、医局としても手放したくないもの。引き止めによって揉めるケースは多くあります。まずは退職の意志を伝える手順を間違えないこと、そして慎重かつ計画的に進めて最後までしっかり職務をやり遂げることがポイントとなります。去り際が良ければやはり新しいところでも気持ちよくスタートがきれるものです。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!