転職してキャリアアップすることは良いことばかりなのか

スキルアップについて

 転職することで、今までの職場では触れられなかったスキルを得ることができて、経験の幅が広がることが期待できます。しかし、これまで積み上げてきたキャリアとは異なる分野であったり、自分の目指すキャリアとは異なるスキルであったりすれば、転職後のミスマッチが考えられます。
 
 目指すキャリアアップの方向はどういうものか、十分考えて転職先を探しましょう。例えば違う分野に挑戦する転職であっても、目的が専門性を深めることなのか、スキルの幅を広げることなのかによって、転職の成功が分かれます。

転職で変わる働き方

 キャリアアップを目的とした転職の場合、業務の内容や、得られそうなスキルに関してという点が重視され、労働条件に関してはあまり具体的に決めず転職活動を始める方もいるかと思います。労働条件とは、夜勤や当直の有無や、給与を含む勤務に関すること全体の条件です。
 
 労働条件をあまり重視せず転職活動を進めた場合、転職後思った以上に過酷な労働条件であったり自分に合わなかったりで、せっかくの転職が成功とはいえないことも考えられます。勤務内容も重要ですが、条件面での自分の希望も事前に考えて転職活動に臨みましょう。

転職により収入も変わる

 キャリアアップを主体にして転職を行う場合、収入が上がる場合もあれば、下がる場合もあります。年収が下がっても学ぶ価値のある、経験する価値のあるものだと考えるのならば転職は成功だと言えます。しかし、現在の自分や家庭などの状況を踏まえて、年収をキープするもしくは上げる必要があるのであれば、視野を広げて転職先を探すことも大切です。
 
 キャリアの育成だけに捉われず、現在の状況や将来について照らし合わせながら、収入についてもしっかり確認する必要があります。

転職先での人間関係

 人間関係は、将来の自分の人脈に繋がる大切なものです。転職することによって人間関係も変わるということをしっかり頭に入れておかなくてはなりません。新しい人脈を得られるのはメリットでもありますが、デメリットとして過去の人脈を失う場合もあるのです。
 
 さらに、転職先での人間関係は労働条件などと並んで重要な事項でもあります。人間関係によって、転職先での仕事がうまく続くか続かないか左右されることもあるからです。
 
 国公立病院などの公務員の医者でなければ、アルバイトは禁止されていませんので、転職する前に、転職先でアルバイトなどを通して職場がどういうところなのか事前に知ることもできます。うまく活用して、転職を成功させましょう。
 転職によるキャリアアップの善し悪しは表裏一体です。キャリアアップ目的で転職する場合でも、労働条件や収入など他の条件についても妥協せずにより自分にあった転職先を見つけることで、転職を成功させることができます。
実績30年!求人常時1万件、完全無料、専任のプロが的確にサポートします!