「生活」を支える介護施設~看護の役割とやりがいとは?

介護施設における看護師の需要と介護施設の種類

 日本は今後ますます高齢化が進むと予想されており、それに伴って介護施設の基盤整備も強化されています。施設の種類によりますが、ほとんどの介護施設で看護師の配置が義務づけられているので、そこで働く看護師の需要も増えてきています。
 「介護施設」といっても、入所介護型施設や在宅介護型施設、さらに介護保険が使えるかなど、その目的や運営の形態などによってさまざまな種類があります。
 特に、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)・介護老人保健施設・介護療養型医療施設の3つは介護保険三施設と呼ばれています。介護保険制度が適用される施設で、数ある施設の種類の中でも割合が高く、介護施設と聞くと、これらを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)での看護業務

 施設の形態によって看護師の仕事も多少変わってきます。ここでは「生活の場」であることが特色である介護老人福祉施設の看護についてご紹介します。介護老人福祉施設の対象者は、生活上で介護を必要とする高齢者です。そのため、多くの入居者が「生活の場」として最期を迎える場所でもあります。看護師の主な業務は以下になります。
 
 ・バイタルチェック
 ・服薬管理
 ・じょくそうケア・たんの吸引・経管栄養などの医療行為
 ・医師、介護職員などとの連携
 
 看護師は持病をお持ちの方へのケアや高齢者の健康管理をする中で医療行為を行います。しかし、病院看護師のように積極的に治療に関わるのではなく、介護老人福祉施設での看護師の業務は入居者の健康管理が主であり、日常生活を援助することに主眼が置かれています。
 
 高齢者はたとえ状態が安定していたとしても急変することもあります。また、異常があっても自覚がなかったり、訴えることができない方もいます。ですから、バイタルチェックはとても重要な業務になるのです。容態が急変した場合は、利用者の状態を確認して対処し、場合によっては委託医師と連携することもあります。
 
 また、食事・排泄・入浴などのケアにも関わります。このような日常生活行動の中で健康状態を把握することが大切です。

求められる看護師のスキルと役割

 どの介護施設でも、看護の対象となる方が介護の必要な高齢者であるということには変わりません。よって、高齢者の心身への理解や、認知症など高齢者によく見られる疾病に対する知識が求められると言えるでしょう。さらに、人生の最期をサポートするにあたり、ターミナルケアについての知識も深める必要があります。
 
 また、介護職などの他職種との連携も大切です。特に介護職は配置数も多く、 介護や生活支援の場でより多く入居者と接しているのです。彼らとお互いの気づきを共有し、医療者として必要な判断や介護職へのアドバイスすることも必要です。

介護施設での看護師のやりがい

 病院での勤務の場合、患者の病気の治癒・体調の回復が看護師のやりがいや喜びにつながります。一方介護施設では、病気の有無に関わらず、やがて最期を迎える方々をケアすることになります。そのため、病院での勤務で得られるようなやりがいとは違うかもしれません。
 
 また、介護老人福祉施設では常勤の医師の配置義務はありません。また、介護老人保健施設・介護療養型医療施設でも常勤医はいますが、病院より少ない配置数になります。よって看護師は多くの場面で医師の代わりに医療的な判断をしたり、処置を行うことがあります。これらはとても重要な役割であり、このような高度な看護の実践の中でやりがいを見いだすことができます。
 介護施設での看護業務を通して、入居者の笑顔や姿を多く見ることができます。このように入居者とふれ合えることが介護施設で働くの看護師の醍醐味という人も多くいます。なによりのやりがいになるのではないでしょうか。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!