【30代の看護師】需要の高い理由は?スキルとキャリアパス

看護師に求められるスキル

 看護師に求められるスキルは判断力や知識力、技術力やコミュニケーション能力、精神力が挙げられます。実際の看護師は、体力や思いやり等も重要であると考えています。看護師は専門分野や勤務環境により、必要なスキルが異なってきます。例えば、大きな病院等では、勤務する医師や看護師が多いことから、高いコミュニケーション能力が必要となりますし、夜勤等もあり、体力等も必要となります。比較して小規模クリニックでは、看護師の数が少なく、看護の専門分野の知識以外の様々な事象への気配りや、管理能力等が重要になってきます。
 
 また、手術室等の勤務では、高い技術力に判断力が必要となったり、高齢者や、子供の入院患者への対応の場合には、高いコミュニケーション能力が必要となってきます。看護師の能力には適材適所な能力が必要となってくるのです。看護師の雇用側や管理者が看護師に期待することは、向上心ややる気等が挙げられます。

看護師のキャリアパス

 看護師には、3パターンのキャリアパスが考えられます。1つ目は進学です。看護の経験を積んだ後に大学や大学院へ進学し、母性や小児、老年や精神看護等の看護学を学ぶことがキャリアパスとして挙げられます。2つ目は看護師の資格取得が考えられます。実務経験5年以上で取得が可能な認定看護師の資格取得はより専門分野での資格取得となり、今後のキャリアには有意義な資格取得と言えます。認定看護師には、救急看護や皮膚・排泄ケア、緩和ケア、感染管理等の分野があり、専門分野で3年以上の実務経験が必須となります。
 
 また、専門看護師の資格を取得することも資格取得のキャリアパスには挙げられます。資格取得には、修士課程を修了している必要があります。5年以上の実務経験と、癌看護、小児看護、地域看護等の専門分野での実務経験3年以上が必須条件となり、まだ資格取得者は少ない資格です。3つ目のキャリアパスは、保険師や企業看護師への転職が考えられます。看護師の経験を活かして他分野で働く道も看護師のキャリアパスとして考えられるのです。

30代看護師に求められること

 30代の看護師に求められることは、豊かな経験と認定看護師や専門看護師等の資格の保持です。また、職場環境に合った能力です。大きな病院では、高い技術力やコミュニケーション能力、クリニック等の小規模医院では、高い管理能力が必要です。看護師の仕事は比較的、若さばかりを求める職種ではありません。豊かな経験と実績や資格が優遇される職種となるため、30代でも勢力的に働き易い職種と言えます。30代の看護師は経験を活かして他分野へ転職すると言うキャリアパスも有効と言えます。
 
 保険師として、地域の人々の健康管理や、相談、疾病予防や啓蒙活動を行う道や企業看護師として、産業看護師や治験コーディネーターとしての活躍も見込めます。
 看護師に求められるスキルや、キャリアパス、30代に求められる看護師についてご紹介しました。看護師の仕事は医療には欠かせない仕事です。様々な分野で必要とされる職種となり、30代の経験を活かした転職が比較的し易い職種と言えます。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!