知っておきたい「非常勤」で働く看護師の給料・働き方

非常勤看護師の収入実態

 非常勤の場合、常勤に対して給料はどうしても抑え目ですが、他の一般業種に比べると時給は高くなる傾向があり、平均すると1500円程度です。ただ、勤務場所や地域によって大きく異なり、例えば都市部は職員数が多い反面で患者数もボリュームがあり業務量が増えるため、地方に比べると給料は高くなる傾向がありますし、専門分けされた大手総合病院よりも多様な対応が求められて負担も多いクリニック系の方が時給も高めに設定されていることが多くあります。また介護施設などは負担が少ない分時給は安いことがありますので、応募前に自分が住む地域や希望する勤務場所・施設についてよく調べる必要があります。また常勤と異なり非常勤の場合、賞与や退職金は原則ないと考えたほうが良いですし、住宅手当や家族手当などの各種手当も、常勤と同様には期待できないことが多いことも知っておきましょう。

非常勤で働くメリット

 まず勤務時間帯や休日について、常勤よりもある程度自由に設定でき、突発的な対応がしやすいという点があります。普通は常勤での働き方の場合、事前に決められたシフト以外で休みを急に取得することが難しいですが、非常勤なら、突発的な子供の体調不良や私的な用事でも休みを取りやすいことが多くあります。ただしあまりに頻繁な予定変更や、忙しい現場の状態を無視して要望だけ求めることは、管理者から見ると使いづらい人材と評価されかねず、後々自分の仕事の幅が狭くなることや、人間関係に支障が出ることもありますので注意が必要です。また非常勤のメリットとして、常勤に比べて人間関係に悩むことが少ないことも挙げられます。職場での人間関係が要因で転職を検討することが多い看護師ですが、勤務時間が限られ、またその勤務する場所にもよりますが、院内での勉強会やミーティングなどへの参加が強制されないケースが多く、気軽に働くことができる面もあります。

非常勤看護師のデメリット

 逆に非常勤のデメリットとしては、常勤に比べて給料が安い面のほか、福利厚生は十分とは言えず、雇用は安定していない面があります。看護師不足が叫ばれる現在、すぐリストラの対象にされることは少ないですが、勤務時間数などの一定要件を満たしていない場合は社会保険に入ることはできないことを知っておきましょう。そして非常勤の場合は、教育・研修の機会も少なく、どちらかと言えば即戦力として見られるため、希望する職場での業務に自分のスキルが合っているかを、事前によく確認する必要があります。
 以上の通り、非常勤の場合、勤務時間や休日について自由な面が多く、気楽に働くことができる反面、常勤より給料は安くて福利厚生などの待遇は制限されることが多いことが分かります。ただし、子育て中の方や家族の問題などで働く時間に制約がある方にとっては魅力的な働き方です。実際の待遇や実態は、勤務する職場によってかなり異なる場合もありますので、自分の希望条件に照らしながら事前によく確認しておきましょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!