看護師の短期、単発アルバイトの実態や給料は?

短期、単発アルバイトのメリットは?

 看護師でアルバイトをする方は20代から40代の方に多いです。常勤の仕事よりも負担も少なく、自分の都合に合わせて働く期間や時間を選べるアルバイトは、家庭や育児などに忙しい世代には特にメリットがあるのです。あなたの都合が良い時だけ働けるバイトなら、普段は仕事や家庭で忙しくても余った時間に働けます。一日のみの単発バイトやダブルワークで夜勤に入ることもできますね。次の転職までのつなぎとして短期のアルバイトをすることも可能です。

看護師のアルバイトに多くある仕事は何?

 短期や単発のアルバイトの求人はいろいろとありますが、その中でも多い仕事内容は何だと思いますか。一日のみの単発のアルバイトでは定期健診で計測業務の手伝い、訪問入浴サービスや移動教室の付き添い看護などの求人が多くあります。普段は育児などの家庭の都合でなかなか時間がとれなくい看護師でも、日中の仕事なら時間がとりやすいですね。
 
 また、単発や月に数回などの病院の夜勤専門のアルバイトもあり、普段の仕事と掛け持ちをする看護師も増えてきています。3月や4月には健診の手伝いの求人が増えるなど、季節ごとに旬となるアルバイトもありますよ。

気になる看護師のアルバイトの時給

 アルバイトをするならできるだけ高い時給の仕事をしたいですね。誰でも気になる看護師のアルバイトの時給をみてみましょう。相場としてはだいたい800円?3000円くらいですが、看護師の時給は都心のほうが地方よりも高い傾向があります。
 
 都心の看護師の最高時給は2500円、准看護師では1200円くらい、地方の看護師の最高時給は2000円、准看護師では1300円くらいとのデーターがあるので、いい求人を見つけたら短期間で稼ぐことができます。注意して欲しいのは、アルバイトの仕事内容によって時給の額が左右されやすいことです。体力が必要な訪問入浴サービスや夜勤などは時給が高くなっていますよ。そして、お盆や年末年始などは通常の時期よりも時給がアップするがよくあります。

アルバイト選びに失敗しない為に知っておいて

 一日だけのアルバイトだとしても、看護師として働くなら気持ちよく仕事ができる職場を選びましょう。ついつい高給なアルバイトに目が向きがちですが、仕事の内容をじっくり検討して下さい。先ほども出てきた高給のアルバイトの一つに入浴サービスがありますが、夏場の暑い時期は特に体力が必要だと聞きます。時給と仕事の大変さのバランスを考えることも必要です。
 
 また、未経験者でも歓迎のアルバイトも少し注意が必要です。人手不足が深刻な業者が短期のアルバイトを募集をしていることもよくあります。あなたに合った仕事ができるのかどうかを検討してから応募しましょう。
 看護師の短期、単発アルバイトは一年を通じて需要があります。が、人気の求人はすぐに埋まることもあるので、日頃から転職情報サイトなどをチェックして、仕事内容を検討してから早めの応募が大切です。看護師免許があるからできる短期バイトに転職して効率的に稼いでみませんか。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!