看護師が絶対に知っておくべき転職前のポイント

本当に転職しないといけないのか

 看護師が転職活動を行うのは本当に大変です。看護師は医院であれ、病院であれ、その医療機関において中心的役割を担っていると言っても過言ではないからです。生活のことも考えると、当然退職する前から転職活動を行い、内定を得てから退職の話をすることになるため、勤務と転職活動の両立をすることになります。
 
 転職を考えた時、本当にいまの医療機関ではできないことなのか、勤務し続けるという選択肢はないのか、など自分と向き合うことも必要です。どうしてもいまの医療機関ではできないこと、あるいはもっとスキルアップを図りたいなどの理由で他の医療機関でないと実現できないと、思い至ったら転職活動を始めるというのが良いでしょう。この点が志望動機や転職理由につながり、面接でのポイントにもなります。

転職先の優先順位を決めよう

 転職活動を始めるにあたって、情報を得ないと活動は始まりません。だからといって、やみくもに探していては、なかなか合致する職場のイメージも見えてきません。自分に合った職場を見つけるためには、自分の優先順位を決めていくと探しやすくなります。志望動機や転職理由が明確になっていると、優先順位が決まってきますので、応募したい職場の優先順位も決まります。職場の応募の順番を間違うと、第1希望の職場よりも第2希望の職場から先に内定が出てしまい、どちらも内定承諾に間に合わないこということもあります。
 
 大切なことは、その職場で自分が看護師としてどのように活躍していそうかイメージをすることです。そのイメージに沿った職場を考え、職場を選ぶポイントの優先順位を立てましょう。

転職活動の情報収集:ハローワーク、広告編

 転職活動の情報収集は、いくつかありますが、身近なところで言えばハローワーク(公共職業安定所)や新聞の折り込みちらし等によるものがあります。
 
 ハローワークは、応募する側も募集する側もどちらも費用がかからず、即日求人を出せるので、看護師が急募求人を探したいときには便利です。ハローワークというと、仕事を辞めたあとに行くイメージがあるかもしれませんが、仕事をしている間でも求人情報を得ることもできますし、なかなか仕事を辞められないときに、退職方法についての相談にも乗ってくれます。ただ、ハローワークは平日のみの地域が多く(場所によっては土曜日も開いていますが)、就労中だと相談に行くこと自体が難しいかもしれません。情報収集だけならインターネットでもハローワークの求人情報が手に入るので、うまく活用しましょう。
 
 次に、折り込みちらしは新聞を購読していないと手に入れにくいですが、地域色が強いものなので、近所で職場を探したいときには有効です。近所のご友人に見せてもらう、図書館に行って折り込みちらしを見るなどの方法も活用しましょう。
 
 他にもフリーペーパーと言って無料の求人冊子があり、駅やコンビニエンスストアで手に入れられるので、仕事の合間に持って帰ってきて、ご自宅でじっくり検討するのも良いです。ただ、ちらしやフリーペーパーについては、応募の段階からすべて自分で行うため、お勤め中の場合は、応募先の医療機関と連絡が取れる時間とうまくかみあわず、なかなか応募すらできないかもしれません。電話がつながりにくい、連絡しにくい場合は、広告媒体によってはWEB応募も可能なものがありますので、ご自身の状況にあった応募方法を選びましょう。

転職活動の情報収集:人材紹介会社編

 転職活動の情報収集の一つに人材紹介会社を利用する方法があります。
 
 人材紹介とは、応募する看護師と応募先の医療機関をつなぐ仲介を行っていて、仲介する会社は医療機関の情報を豊富に持っていて、応募する看護師さんとも話をすることで、その方にあった職場を紹介してくれるというものです。応募するにあたって、職場選びや履歴書の書き方、面接のポイントなど様々な点のアドバイスをくれるだけでなく、選考日時の調整や条件交渉なども行いますので、特にお勤め中の方にとっては、メリットは大きいかもしれません。
 
 なお、応募する看護師が負担する費用は一切かからない仕組みになっているので、初めて転職活動をする方にとっては、頼れる存在になり得ます。多くの紹介会社は、応募する看護師がWEBから転職希望条件等の情報登録をすると、担当者から連絡があり、就職先が決定するまで一緒に活動する、という流れになっています。
 
 ポイントとしては、担当者が親身になって話を聞いてくれる、相談に乗ってくれるところが良いです。応募にあたって優先順位を決めていれば、はっきりと希望を伝えることも大切です。ご自身の希望を明確にしておかないと、希望する職場のイメージと合わないところを紹介されることになりますので、注意が必要です。
 自分にあった職場はただ待っているだけでは出会えません。たとえ紹介会社と一緒に転職活動を行うにしても、ご自身の転職活動であることの意識を持ち、「自分に合った職場は自分で見つける」という気持ちを持つことが大切です。どんな看護師を目指すか、どんな職業人を目指すかなど、転職を機会に見つめ直し、新たな職場で活躍できる看護師を目指しましょう。そして、その先にあるのは患者様の笑顔です。あなたが輝いて働けば、きっと周りの医師・スタッフも輝き、患者様が安心して来院できる医院・病院になるはずです。あなたの転職活動が良いものになることを祈っています。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!