看護師の転職が絶対成功する、初めの第一歩とは

いつまでに転職したいのか、明確なゴールを決めること

 転職はしたいけれど、それがいつまでに実現したいのかによって、行動の仕方も変わってきます。いますぐにでも転職したいのか、ある程度、現在の職場での経験を積んでから転職したいのか、明確な転職活動に関するスケジュールを立てましょう。少なくとも、いつごろまでに、次の就職先に入職していたいのか、はっきり決めておきましょう。
 
 最初に立てるスケジュールについては、大まかなあなたの希望に基づくもので構いません。転職活動を進めていくうちに、現実的でないと分かった時点で、必要に応じて、微調整していけばよいのです。ゴールとする時期を自ら決めてみることで、そのゴールのタイミングから逆算して、今何をすべきなのか、考えやすくなります。

転職の動機・理由を整理すること

 転職活動をする場合、必ずといっていいほど、どこの応募先でも聞かれるのが、あなたが今、転職を考えている理由や、そのきっかけとなった動機です。
 
 なぜ転職したいのか、何のために転職を望むのか、という点について、応募先の採用担当の方にもわかりやすく説明し、納得してもらえるのに十分な理由が必要です。転職活動を始める前に、きちんと自分の中で整理できていないと、応募先を選ぶ場合にも、基準がぶれてしまい、転職先がなかなか決まらないということになりかねません。
 
 例えば、習得したい専門スキルがある、キャリアアップを望んでいる、結婚・出産・子育てといった家庭に起因する事情がある、など様々な動機があります。一方で、直接的な転職の動機は、人には言いづらい理由で、人間関係に悩んでいるとか、休みがとれないといった、現在の職場に関する不平不満であるかもしれません。
 
 転職の動機に関して、前向きな考えに基づくことについては、転職活動においても、十分にクローズアップして、応募先の担当の方にアピールしていくとよいでしょう。不平不満などのネガティブな考えに基づくことについては、そのこと自体を詳しく話す必要はありません。その場合には、応募先に関して、現在の不満を解消するのに十分と思えるほどの魅力的な点について、自分の意見を整理し、アピールするように努めましょう。

情報収集の仕方を決めること

 今は、転職に関する情報も、インターネット・口コミ・知人からの紹介など、様々な方法で入手することが可能です。特に、初めて転職活動をする看護師のみなさんにとっては、どのようにして情報収集し、転職活動を進めるのがよいのか分からず、不安に思っておられる方もいらっしゃるかもしれません。なかなか周囲の方の協力が得られにくい場合には、自分ひとりのペースで転職活動ができるインターネットの転職サイトを利用することも有意義です。
 
 また、看護師の転職活動を専門にサポートしてくれるエージェントが、多数所属する会社もありますので、そのノウハウを活用させてもらうのもよいでしょう。それぞれのメリットと、あなたの転職活動のスタンスに合うか合わないかを、よく見極めたうえで、有効に活用するとよいでしょう。
 
 転職活動は、もし、応募先から面接や見学などのチャンスを得られた場合には、即時に対応できるように、事前準備を完璧にできているに越したことはありません。
 
 すべては、はじめが肝心ですので、転職すると決めたからには、最終面接・採用・入職までのことを考えて、一貫した自分の考えを行動に移していくことが大切です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!