もう間違えない!看護師求人の比較ポイント

求人票比較の前に、すべきこと

 求人票を比較し始める前に、ぜひやっておきたいことがあります。それは、転職後の働き方を再確認すること。例えば、こんな項目です。
 
 ・どんなことをしたいか(診療科目、役職、キャリアパスなど)
 ・雇用形態(正社員、パートなど)
 ・通勤時間(何分以内で通勤したいか)
 ・通勤方法(マイカー通勤の可否など)
 ・許容可能な残業時間
 ・夜勤の可否
 ・これだけは絶対譲れないという条件
 など。
 
 これらが明確になっていないと、比較すべき項目も曖昧になってしまいます。自分の希望する働き方について、改めて整理してみましょう。後悔しない転職のためにも、特に最後の「これだけは絶対譲れないという条件」を確認することを忘れてはいけません。

最低限比較したい項目

 具体的にどんな支援や制度があるのか?また自分のキャリアパスに沿った支援や制度があるのかを確認し、比較しましょう。
 
 2.経営母体
 経営母体は、経営方針や社風を決める重要な要素です。また、病院の経営状態も比較できますので、確認しておきましょう。
 
 3.有給消化率
 ワークライフバランスをとるうえでも重要です。具体的な数字が乗っていることを確認したうえで、比較しましょう。ただし、有給消化率はもう少し突っ込んだ確認をしておきたい項目です。具体的には、掲載されている有給消化率が病院の平均なのか、募集している部署のものなのかという点。求人票にそこまで詳しく乗っていないケースも多いので、問い合わせが必要となります。
 
 4.福利厚生
 福利厚生は、たくさんあることが重要なのではありません。自分が利用したいと思える制度や、自分が必要としている制度があるかどうかが重要です。
 
 5.退職金
 病院の経営方針によっては、退職金が出ないこともあります。期間限定で短期間のみ仕事をするのであれば、退職金はあってもなくても構わないでしょう。ですが、長く働くことを考えているのであれば、考慮に入れたいポイントです。自分のスタイルと合わせて検討しましょう。
 
 6.スタッフの年齢
 スタッフの年齢は、意外と働きやすさに関わってきます。年齢層が偏っている場合は、特定の年齢層以外は働きにくいのかもしれません。逆にバランスよく構成されているところなら、働きやすい可能性が高まります。

更なる内容確認を推奨

 表現が曖昧だったり、パッと見では判断しづらい項目は、問い合わせて確認する必要があります。例えば「高い有給消化率」と書かれている場合。具体的な数字を確認しないことには、比較検討がし辛くなります。また提示された数字が募集部署のものであるのか、病院の平均であるのかによっても、状況は異なります。
 
 その他にも、事前に確認しておきたい項目はこちらです。
 
 ・ママさんナース多数活躍
 具体的な割合や仕事内容、役職などを確認しておきましょう。
 
 ・しっかりサポートします
 具体的にどのようなサポートなのか?自分に必要なサポートであるか?などを確認する必要があります。
 
 ・○○優遇
 「経験者優遇」など、何かの条件で優遇されると書いてある場合です。具体的にどのように待遇が変わるのかを確認しておきましょう。
 
 ・残業少なめ
 具体的には、月何時間の残業が発生するのか?月末など時期は決まっているのか?などです。
 ここでは、看護師求人の比較ポイントについてご紹介しました。働き方によっては、不要な確認項目もあるかもしれませんし、不足している項目もあるかもしれません。自分のスタイルに合わせ、カスタマイズしてご利用ください。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!