新人看護師の年収事情

 国家試験に合格して晴れて看護師となり、病院等で勤務開始する人が多い年齢層が20歳代前半です。
 
 施設によって給与体系が異なりますが、平均すると、新卒の看護師の給料は約20万円前後です。また大学卒と専門学校卒で比較すると、大学卒の方が約8,000円程度高いようですが、施設によっては大卒と専門学校卒を区別せず、まったく同じという所も少なくありません。※日本看護協会のデータより
 
 駆け出しである20歳代前半(20〜24歳)の看護婦の平均年収は、約386万円で、他業種と比較すると高い水準にあります。※厚生労働省 賃金構造基本統計調査より

20歳代後半の看護師の年収事情

 勤続年数を重ね、経験も積んできた20歳代後半の看護師は、20歳代前半に比べて収入も大幅にアップしています。
 
 20歳代後半(25〜29歳)の平均年収は、約450万円です。20歳代前半に比べてボーナス額も増えていることから、基本給のアップも加わり、年収が約64万円も上昇しています。また、同じ世代で比較した場合、他業種に比べて高給と言えます。※厚生労働省 賃金構造基本統計調査より

勤務体系と勤務地による収入の差

 看護師の年収は、他業種と比べて高い水準であることが多いですが、その背景には医療現場の看護師不足があります。施設によっては長時間勤務や不規則な勤務体系となり、激務となることもあります。大学病院、総合病院等、忙しい職場と、小規模クリニック等では、忙しい職場の方が収入が高くなります。
 また、務める地域によっても収入が異なります。初任給も、地域別にみると、東京23区が最も高く、次いで政令指定都市、そして市町村の順で金額に差がでます。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!