助産師になれるのは女性だけ

 日本では、助産師は女性のみの職業と決められています。看護師資格を有している女性が、一年間の助産師養成学校で学び、助産師国家試験に合格すると助産師となることができます。また、大学の看護学科、看護専門学校で助産師養成のカリキュラムを受けていた場合は、看護師、助産師の両方の国家試験が受験できます。
 
 助産師の就職先は、産婦人科のある病院や、助産院など実際に出産に立ち会う施設の他、市町村の保健センター、母子健康センターなどがあります。助産師の資格を持っている人は、助産院を開業することができますが、開業しているのは助産師全体の約3%にとどまっています。

助産師不足を背景に高い水準の給料

 近年日本は少子化が続いていますが、産婦人科医は不足していることから、通常出産を手がける助産師のニーズが高くなっています。しかし、助産師になるまでのハードルが看護師よりも高く、現場では助産師も不足しているというのが現状です。
 病院や施設によって給料の差はありますが、助産師の平均年収は約560万円です。女性看護師の平均年収は約473万円で約90万円の差があります。これは、妊婦検診を行う助産師外来で産婦人科医に準ずる業務を行うなど、看護師以上に専門的な知識や技術が求められていることが理由です。※厚生労働省 賃金構造基本統計調査より

助産師は心身ともにハードな職業

 助産師は、母子ともに正常な出産の場合に助産行為が可能です。いつ始まるかわからない出産に対応するために、産婦人科や助産院では24時間対応が求められており、助産師もシフト制による勤務となります。夜勤や休日勤務も多く、不規則な勤務となることが多いです。 また、産前・産後の女性のケアも求められることがあります。すべてが無事健康な出産となるわけではなく、残念な結果となった場合にその後の女性のケアが必要となることもあります。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!