看護師の夜勤手当の平均金額

 夜勤手当の金額は、勤めている病院や施設によって異なりますので、まずは平均的な金額と比較して、実際のあなたの夜勤手当が高いか低いかを客観的に見てみましょう。
 公益社団法人である「日本看護協会」の2014年の調査結果によれば、二交代制夜勤手当は、平均で10,859 円、三交代制準夜勤手当は、平均で4,190円となっています。
 

年収アップに向けた具体策

 給料に不満を感じておられる方は、夜勤手当が高い医療施設への転職か、夜勤のアルバイトを始めるなど、具体的な行動を起こしてみることも必要かもしれません。
 夜勤手当が高めの医療施設へ転職をする場合には、まず、具体的な夜勤の勤務体制・内容について、しっかりと調べましょう。高額の夜勤手当が設定されている背景には、多忙であったり、精神面や体力面での負荷が大きい場合もありますので、自分にとってクリアできそうなハードルかどうか、十分に検討が必要です。
 
 夜勤のアルバイトに関しては、まず、現在の常勤の勤務先において、アルバイト及び副業が禁止されていないかどうか、事前に確認しておきましょう。現在の勤務先に縛られたくないというお考えの方は、夜勤のみの勤務を行う「夜勤専従」の看護師として、転職をすることも可能です。
 
 自分自身のライフスタイルや健康面ともバランスを取った上で、夜勤を中心とした勤務で年収アップにチャレンジしてみませんか。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!