こんなはずじゃなかった。薬剤師のイメージとのギャップ

 思ったよりも仕事が大変で自分のやりたいことができない…。イメージしていた仕事と違う。そのような不満や不安を覚えて転職をしたいと考える新人の薬剤師は少なくありません。
 
 特に調剤はほとんどの薬局で自動化されており、薬剤師が調合を行うことはほとんどありません。また薬剤師は薬の管理や用法用量を患者さんやご家族に伝えることが重要な仕事です。そのため、「こんなに人と話すとは思わなかった」「分かりやすく薬剤の説明ができない」などは、多くの新人薬剤師が抱える悩みです。

転職?それとも現場でもうちょっと頑張ってみる?

 薬剤師の仕事が好きなのに、「上手くできない」ということが悩みなのであれば、職場の先輩薬剤師に「薬剤の概要を分かりやすく伝えるポイント」や「患者さんに応じてどのようなことに配慮しているか」などを聞いてみましょう。
 
 辞めたいという思いがあるのは、新人にとってはよくあることですが、その理由として、教育制度が整っておらず、どうしていいか分からない、このままでは成長できない、といった環境面でのズレや、あまりにも残業が多く心身ともに健康を損なってしまいそうといった健康面での不安があるときには、いま勤めているところが合っていない可能性が高いです。そんな場合は、転職を前向きに考えてみてください。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!