更なる専門性が見えてくる時期

 薬剤師としての勤務も年数がたつと、薬剤師としての一般的な仕事は問題なく行うことができるようになり、更なるキャリアアップや他の仕事への可能性を考える人が増えてきます。管理薬剤師や専門薬剤師、認定薬剤師として更に専門性を深めることを考える人も出てきます。また薬剤師は調剤業務だけでなく、先端医療として薬剤開発をしたり、企業での薬剤師をしたりと薬剤師といっても様々な可能性が広がっていくのです。そこで自身の今後を考え、転職を考える人が増えてくるのです。

仕事だけでない将来の方向性も

 薬剤師になり中堅と言われるキャリアを積む頃になると、人生における方向性も岐路にさしかかります。結婚や出産という人生設計上での選択が見えてくる人も多くいるからです。薬剤師は、働き方や時間を選べ、結婚や出産を経験しながらも仕事を続けていけます。そのような状況に理解がある職場に転職したいということで転職を考える人も、中堅やベテランのキャリアの人は多くいます。
 
 自分のライフステージ、そしてキャリア形成をよく考えて、様々な情報を熱めながら転職をしていくことが中堅層には必要です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!