独立して自分の理想の薬局をつくる

 薬剤師には開業権があります。そのため何年か薬局や病院で薬剤師として勤務経験を積んだ後、独立して調剤薬局を開くことができます。
 
 「自分の理想の薬局を作りたい!」「地元には薬局が少ないから、自分が開業して地域医療を支えていきたい!」などの想いがある方は、独立してみては。開業すると自分が管理職になるので、扱う薬剤や店舗のレイアウト、対象とする患者や疾病名などを自由にマネジメントすることができます。

管理職の薬剤師として活躍するために

 もちろん一般の薬剤師としての業務も完璧に行い熟知している必要がありますが、それ以上にマネジメントの仕事として部下を管理すること、人材を育成すること、そして経営感覚をもち利益を出していくという視点をもつことが求められます。特に利益という点ではこれまでの薬剤業務とは異なる部分がありますので、新たに勉強していくことが必要になります。これは転職をする際にも面接でこれらの感覚や力があるかということが見られます。
 
 マネージャの立場になれば、現場の仕事だけではなく経営感覚が求められます。それを忘れずに転職活動を進めることが成功のかぎです。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!