理由1.看護師の仕事場は女社会である

 看護師の人間関係の悪さの原因は、仕事場の環境が女社会であることがひとつに挙げられます。男性の看護師も活躍していますが全体数としては数段女性が多く、仕事場を統治しているのは女性がほとんどだからです。女性が集まる環境はどうしても陰口や噂話が絶えず、それに嫉妬心や意地悪が加わり人間関係が悪くなる環境が生まれやすくなるのです。

理由2.先輩や医師・患者との間で板挟みになる

 看護師という仕事は、婦長や先輩看護師・医師・患者との間を取り持つ重要なポジションにあります。医師などの指示に従いながら患者さんと直に接する看護師は気苦労が絶えません。特に看護師として自分なりの意見を持っている人ほど病院や医師のやり方に不満を覚え、それが積もり積もって人間関係をギクシャクさせてしまいます。

理由3.医療の現場はチームワークが命である

 医療の現場はチームワークがすべてです。一緒に働く人と情報・知識・技術・そして気持ちを通わせて患者さんに接しなくてはいけません。したがって少し気に入らないことがあったくらいで、マイペースに振る舞ったり自分の意志で動くことはできないのです。人の生命に関わる重みのある仕事なだけに、配属された環境に誰もが一度はどっぷり浸からなければなりません。運が悪く人間関係が劣悪な部署に入ってしまっても、意見することができずに悪い環境を受け止めるしかないのです。
 
 看護師の労働環境は人の感謝に触れることができやりがいがある場所。一方で人間関係に関しては独特の注意点もあります。転職の際には、ご自身の働き方に合わせて条件や雰囲気などをしっかりとチェックすることが重要です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!