看護師は給料が上がりにくい

 一般的に看護師は他の業種とくらべて年収は高い傾向にあります。しかし、収入の内訳を見ると、基本給は低く抑えられていて、夜勤手当てやその他手当が上乗せされていて高い金額になっていることが多いのです。基本給の昇給のペースは他業種に比べて緩やかなことが多く、長年働いていても、夜勤なしで働いている看護師はなかなか給料が上がらないというのが実情なのです。そのため、初任給は高いと思っていても、長く働いているうちに、自分の仕事に見合った給料をもらえないと感じる看護師が少なくないのです。

給料は病院によって違う

 看護師の給料や昇給ペースは、仕事内容が同じでも病院や施設によって異なります。病院がある地域や、病院の規模によっても異なりますが、経営状況が良い病院は給料が高いことが多く、逆に経営状況が悪い病院は給料が低くなる傾向があり、年を取るごとにその差が開いていきます。待遇が低い病院に勤めている場合は、そのまま勤め続けていても給料が大幅にアップする可能性は低いので、収入を増やしたいならば早いうちに転職を検討するといいでしょう。

転職支援サービスを利用して高収入への道を

 年収が低いから転職したいと思っても、仕事をしながら個人で給料アップができる職場を探したり、転職先とお金や勤務条件の交渉するのは大変です。そこで、看護師専門の転職支援サービスを利用することをおすすめします。個人で探すよりも圧倒的に多くの求人情報が手に入りますし、担当者は転職先の病院の内情をよく知っているので、経営状況や細かい待遇や給料のことを教えてもらうことができます。 収入が少ないと悩んでいる看護師は、一度、看護師専門の転職支援サービスに相談してみるといいでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!