理由1.人員削減と業務拡大による不釣り合いな仕事量

 看護師が働く医療現場はより効率性・採算性を重視し、今までの人員配置よりも少ない人材で働くことを余儀なくされています。それと同時に、医療訴訟などを回避するための書類・資料の増加により業務量が増え、少ない人材で今まで以上の業務をこなさなくてはいけません。悪化し続ける医療現場の労働環境が看護師のうつ病を引き起こす大きな要因にもなっているのです。

理由2.各方面からの精神的プレッシャー

 看護師の仕事は患者さんと医師の間に立つ重要な役割を担っています。双方からの指示や要求に的確に応えながら、看護師としての通常業務をこなすのは並大抵の精神力ではできません。時には病院や医師の意向と患者さんとの板挟みになってしまい、心労を煩わす原因にもなってしまいます。看護師としてあらゆる立場の人たちからのプレッシャーを一身に受けているうちに精神が限界を超え、うつ病になってしまうのです。

理由3.看護師としての理想と現実に絶望してしまう

 看護師になる時には大きな夢や理想・目標を抱いていても、実際に医療現場で働き始めるとガッカリしてしまう現実が待っていることもあるでしょう。病院や職場によっては、自分が理想としている看護とはかけ離れた状況で働かなくてはならないこともあるのです。強い志を持っている看護師ほど、看護師の仕事へのモチベーションが下がりうつ病になってしまいます。
 
  病気や怪我をしている人を助ける立場にある看護師のうつ病は深刻な問題です。うつ病になってしまう前に、今いる状況から抜け出して転職することをおすすめします。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!