コツ1. お互いのスケジュールを把握して共有する

 恋人に不満を募らせてしまう原因、それはお互いがスケジュールを知らないことです。時間に余裕がないことをパートナーに理解してもらうためには、その忙しさの理由を具体的に伝えなければなりません。想像だけで「看護師=時間が無い」と思われてしまうだけでは、心の距離は離れていくばかりです。実際にお互いの仕事内容やスケジュールを報告しあって「忙しさの共有」をしましょう。

コツ2.二人だけのデートパターンを作っておく

 多忙な上に長時間の残業や休日出勤など、看護師はデートにかけられる時間もまちまちです。そこで二人で会える時間に合わせたデートのパターンをいくつか作っておきましょう。例えば、「看護師である自分がお昼出勤で、恋人は朝9時出勤=落ち着いたホテルで朝食デート」「看護師の自分が夜勤=仕事前に早めの夕食を一緒にとる」などです。二人で過ごせるデートパターンを決めておくと、少ない時間でも心に余裕を持って楽しいひとときを過ごせます。

コツ3.デートのキャンセル後は必ず埋め合わせを

 看護師は残業や急な休日出勤も多いため、デートの予定をキャンセルしなければならないこともあります。しかし、楽しみにしていた二人きりの時間が台無しになってしまうのはお互いに辛いこと。そんなときはただ謝るだけでなく、「来週の◯日に会えないかな?」と次の予定を立てましょう。そうすればパートナーも「会いたいと思ってくれているんだな」と納得してくれます。
 
 お付き合いするのが難しいと思われている看護師の恋愛。ぜひ3つのコツを参考にして末永く良い関係を築いていってくださいね。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!