看護師の離婚率は本当に高い?

 統計的に看護師の離婚率が高いことを示すデータはありません。看護師の離婚率は、一般的な家庭の離婚率と同等と考えられ、看護師だから離婚しやすいということではないようです。
 
 しかし、看護師の離婚率が高いイメージがあります。その理由としては、医療を扱ったテレビドラマなどで、「シングルマザーとして苦労している看護師」がたびたび登場するなど、年中無休の医療の現場において、看護師も夜勤や休日出勤が多く、夫婦生活が難しいのではないかと捉える向きがあります。

看護師が離婚に至る理由

 すべての看護師が夜勤や休日出勤をしているわけではなく、平日日勤だけの職場という看護師もあり、また、病院勤務であっても、結婚を機に働き方を変えられる場合もあります。そのため、結婚した看護師が皆離婚の危機に至るというわけではありません。
 
 しかし、不規則な病棟勤務についている場合は、夜勤や休日勤務をする場合があります。その場合、家族の理解がないと、働き続けることが難しくなります。特に、出産・育児をきっかけに、夫婦間で衝突するケースもあるので、十分に注意する必要があります。
 
 看護師にかぎりませんが、離婚原因で多いのが、不倫のケースです。男性側、女性側問わず、はじめはちょっとした浮気程度が、本格的な不倫関係となり、離婚に発展してしまうことがあります。

看護師は離婚しても大丈夫?

 ”看護師は国家資格を有しているため、就職もしやすく、一般的に収入も高いことから、離婚しても子どもを引き取って生活することができると考えられています。しかし、子どもが小さいうちは、託児所や育児環境や、社宅や寮などの住まいの環境が整った職場でないと、シングルマザーとして看護師を続けるのは難しいと考えられます。
 
 看護師の結婚生活は、家庭と仕事を両立することが大切です。収入が高いからといって無理をして常勤でがんばり、結果、夫婦間で衝突してしまっては何のための結婚なのかわかりません。むしろ、両立ができる働き方を選択し、夫婦間の協力体制を築くことが離婚しない結婚生活の第一歩となります。パートナーの協力も欠かせませんが、具体的に何をして欲しいかを指示することで得られやすくなります。
 
 看護師にかぎらず、結婚生活はお互いの努力と、相手を思いやる気持ちが大切です。離婚に至る前に、小さな問題点から丁寧に解決していきましょう。”
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、病院を探します
・完全無料!年収600万円、残業なし、復職 大歓迎!