50歳代薬剤師の平均年収

 厚生労働省の「平成26年度賃金構造基本統計調査」によれば、薬剤師全体の平均年収は約531万円となっています。
 一方で、企業薬剤師を含めた場合の50歳代前半の薬剤師の平均年収は491万円、50歳代後半の薬剤師の平均年収は485万円となっています。
 病院、調剤薬局、企業など、勤務先によっても年収は大きく異なるようです。

50歳代薬剤師の平均年収

 厚生労働省の「平成26年度賃金構造基本統計調査」によれば、薬剤師全体の平均年収は約531万円となっています。
 一方で、企業薬剤師を含めた場合の50歳代前半の薬剤師の平均年収は491万円、50歳代後半の薬剤師の平均年収は485万円となっています。
 病院、調剤薬局、企業など、勤務先によっても年収は大きく異なるようです。

経験がモノを言う薬剤師の転職事情

 ”薬剤師の転職は、調剤などの経験があれば、さらに有利になると言われています。
 今までの職務経験によっては、管理薬剤師など、比較的高額な給料や年収を期待できる役職者としての職務を、転職によって得られるケースもあるようです。
 50歳代での転職理由としては、キャリアアップを目指す方から、ライフスタイルや体調に合わせて仕事を変える方まで、多岐にわたっています。
 転職活動の際には、無料で利用できる転職の斡旋会社を活用することで、より一層幅広く効率的に、ご自分に合った転職先の情報が得られます。
 
 
 薬剤師に特化して転職をサポートしている斡旋会社を選び、コンサルタントの提案を積極的に受け入れて、50歳代での転職を成功させてみませんか。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!