管理薬剤師になるには?その仕事は?

 管理薬剤師とは、調剤薬局で必ず1人置くことが義務付けられている責任者。業務内容は薬剤の管理や保管、帳簿類の記載や管理、薬剤師や従業員の管理など多岐にわたり、責任者として調剤薬局での調剤ミスやクレームへの対応、患者や医師への対応なども行います。ドラッグストアでは店長として勤務する場合もあります。
 
 管理薬剤師になるには3年以上の実務経験が必要とされる場合が多いようですが、法律で決められているわけではありません。管理薬剤師を置かないと調剤薬局を開けないため、経験が浅くても管理薬剤師として採用されることもあります。
 

管理薬剤師になると管理薬剤師手当が加算される

 管理薬剤師になるとほとんどの職場で管理職手当が加算されます。勤務先や勤務する地域によっても管理薬剤師手当は異なりますが、調剤薬局で月平均4~5万円。薬剤師が不足している地域では月6~9万円程度の手当てがつく場合もあります。薬剤師の平均年収が高いドラッグストアになると、管理薬剤師の年収は約600~700万円と高め。医薬品卸会社や製薬会社などの企業では、管理薬剤師手当は月2~4万円程度が多く、地方の調剤薬局やドラッグストアほどのメリットは感じられないようです。
 
 調剤薬局などに勤務する薬剤師は、管理薬剤師になることでキャリアアップと同時に年収アップも可能になります。管理薬剤師になるには、それまでの経験を生かして転職するというのも一つの手。特に管理薬剤師の年収が高いドラッグストアや地方の調剤薬局などに勤務する場合は、管理薬剤師としての働き方も検討してみるとよいでしょう。