主に2種類に分かれる病院薬剤師とそれぞれの平均年収

 病院薬剤師は、勤務先が国公立病院か民間病院かによって2種類に大別されます。
 国公立病院の薬剤師の給料は、公務員の給与基準が適用され、平均年収は約600万円です。時間外労働に対する手当や福利厚生手当なども支給されます。
 民間病院に勤務する薬剤師の平均年収は約400万円~650万円で、将来、薬剤部長や薬局長などの管理職に就くことができれば、さらに高い年収が期待できます。

病院薬剤師として転職したい方に向けて

 病院薬剤師のメリットのひとつには、他の職場では得られない医療の実践経験や患者さんと直接向き合えることなど、職場環境が充実している点があります。経験を積むため、新卒薬剤師にも病院は人気があります。その分中途で病院へ転職、という場合には、なかなか希望の職場が見つからない場合もあります。
 
 転職活動の際には、薬剤師専門の転職サイトやエージェント会社を積極的に活用することで、自分が求める条件の求人を探しやすくなります。
 
 思い立ったら、周囲の状況も見つつ、できるだけ早めに行動することが大切です。働きながら転職活動を進め、あなたの希望が叶えられる理想の職場へ転職してみませんか。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!