薬局の薬剤師の年収相場

 薬剤師の就職先は、大きく分けて、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社となっています。特に人数が多いのが、薬局です。薬剤師全体の平均年収は約530万円ですが、薬局に勤める薬剤師の平均年収もこの数字に準じるものと考えられます。※厚生労働省 賃金構造基本統計調査より
 地域や規模、また勤続年数によって異なりますが、調剤薬局の薬剤師の年収は400万円から650万円くらいとなっています。大手だから年収がいいとは必ずしもいえず、中堅や小規模クラスの薬局の方が年収が高い場合もあります。特に地方の薬局では薬剤師不足ということもあり、実務経験10年以上で年収が800万円を超えるというケースもあります。

独立開業して薬局を作る?

 薬剤師は独立開業が認められているため、自分で薬局を作ることができます。しかし、首都圏で薬局を開業させようとすると、最低でも2,500万円の初期投資が必要なことや、すでにあるチェーン薬局や病院、ドラッグストアと競合することになります。イチからブランドを立ち上げるのは、知名度がないため、よほど経営的な戦略がないと安定した経営を行うのは難しいというのが現状です。薬局やドラッグストアに従業員として勤務するほうが、安定した収入を得やすいと言えます。

収入を重視する場合の転職先探し

 薬剤師の転職市場は地域によってバラつきがありますが、薬剤師が不足している地域では高収入につながる転職がしやすいと言えます。個人で転職先を探すのは、情報収集や年収等の交渉も含めて難しいですが、薬剤師専門の転職支援サービスを利用することで、全国的な視野で、地域ごとの薬剤師事情や収入の相場などの情報が手に入りやすくなります。年収重視で転職先を探す場合は、今いる地域から引っ越しても構わないというように、視野を広げるといいでしょう。
 
 薬局は薬剤師にとって自分のスキルを活かしやすく、やりがいを感じる職場です。薬剤師の転職を考える際は、広い視点に立って検討することが大切です。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!