日勤のみの勤め先にはどんなところがある?

 薬剤師の場合は、夜勤のある勤務場所は限られてきます。一つが「病院薬剤師」です。入院患者のいる病院では夜間でも処方が必要になるため、夜勤や当直の形で薬剤師が常駐しています。他には、深夜まで営業していたり、24時間営業しているドラッグストアの薬剤師には夜勤形態で働いている人がいます。
 
 その他の一般的な薬局、製薬会社などでは夜勤はあまり多くないため、薬剤師は日勤で働く人が多い現状となっています。その中でも時間を区切って働く場合は、パートやアルバイトといった勤務形態となります。

勤め先やキャリアによって幅がある薬剤師の年収

 薬剤師の平均年収は500万円程度。勤め先によって幅があり、常勤の場合、調剤薬局では年収350~650万円程度、ドラッグストアでは400~700万円程度です。薬剤師が不足気味の地方の調剤薬局では給料が高く、さらに管理薬剤師になると手当てが加算されます。パートやアルバイトの場合、薬剤師の時給は2000円前後が多いようです。製薬会社に勤務する場合は年収400~800万円以上、MRは500~1000万円以上になることもあります。製薬会社の中でも外資系になると年収はさらに上がります。
 
 薬剤師の年収は全体に高めですが、勤務先や勤務条件、キャリアなどによって給料には差があります。場合によっては働き方の見直しや年収アップのために転職を考えてみるのもよいでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!