ライフステージに合わせて選べる働き方

 女性が多い薬剤師は、非常勤で働くという人も多くみられます。その働き先の多くは調剤薬局やドラッグストアです。しばらく仕事から離れていた薬剤師が再び働き始める場合や子育て中、家庭と両立させるためなど、非常勤で働く理由はさまざまです。
 
 薬剤師のパートの求人は多く、忙しい午前中だけや週3日だけなど働き方を柔軟に選べるため家庭と両立させやすいのが魅力です。中には、調剤薬局で薬剤師が足りない時だけ単発で働くという場合もあります。薬剤師がいないと薬を販売できないドラッグストアでも単発の募集はあるようです。
 
 調剤薬局やドラッグストアのパート薬剤師の求人は多く、60代になっても現役で働いている薬剤師も珍しくありません。また、ブランクののちパートで働き始めてから正社員に復帰するという働き方をする場合もあります。

非常勤薬剤師の時給はどれくらい?

 非常勤の薬剤師の時給は、調剤薬局で平均2000円程度です。薬剤師が集まりにくい地方などでは、時給3500円ということもあります。また、管理薬剤師の経験が長いなど、キャリアや年齢によっても時給は変わります。
 
 年収は勤務する時間によって異なるので一概には言えませんが、調剤薬局に正社員として勤務する場合に比べると低くなります。
 
 パートで働く場合のメリットは、勤務地や勤務時間など条件にあった働き方ができ、もし合わない職場でも転職しやすいことです。自分の状況によって異なる働き方ができる魅力があります。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!