薬剤師の福利厚生が充実しているのは?

 薬剤師が働く職場で福利厚生が恵まれているのはどのようなところでしょうか。大手の製薬会社、大手の調剤薬局やドラッグストアチェーンなど、母体が大きい会社では福利厚生の制度が充実していることが多いです。例えば、家族手当や住宅手当が手厚く支給されたり、保養施設などが完備されリフレッシュをはかることもできます。薬剤師の資格取得への支援を行うところもあります。働く薬剤師やその家族の生活をバックアップするための体制が整えられています。逆に個人が経営するような小規模な薬局などは、福利厚生が少ない傾向です。

福利厚生は「使える」かどうかがポイント

 家庭と仕事を両立したい女性薬剤師が気になるのは、妊娠中や子育てをしながらも働きやすい職場かどうかです。育児休業中の手当支給、短時間勤務制度の延長、託児所サービスなど福利厚生制度としての子育て支援を行う職場が増えていますが、実際に子育てから復帰して働いている人がいるかどうかに気を付けましょう。
 
 福利厚生がたくさんある職場のほうが働きやすそうに思えますが、制度があっても使いづらい雰囲気の職場もあります。有給休暇制度についても同じことで、実際に休みが取れる職場かどうかがポイントです。転職したい職場の福利厚生が分からない時は、薬剤師転職サイトに登録してコンサルタントに聞いてもらうのもよいでしょう。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!