理由1.国公立病院の薬剤師は公務員である

 どんな仕事でもいつ失うか分からないこのご時世、不景気な時だからこそ安定を求めて公務員を選ぶ人もいます。国公立病院の薬剤師は公務員とされ給与は一律、初任給も「6年制課程を得た薬剤師は200.800円」、「4年制課程を得た薬剤師は178.200円」と決められています。初年度の給与は低く設定されていますが、定期的に昇給があるため、長い目で見ると実は高収入になる、ということがあります。

理由2.働く上でのサポート体制が民間病院より充実

 国公立病院で働くメリットは年収などの給料面だけではありません。国公立病院は国や自治体によって運営されているので残業時間が多い病院勤務であっても残業手当が出ます。また福利厚生など国公立病院で働く薬剤師へのサポートも充実しています。このため自由な時間が取れない多忙な民間の病院よりも、時間管理が厳しくされているので働く側にとっても安心です。

理由3.新たな転職にも有利になる

 病院勤務は調剤薬局やドラッグストアでは得られない経験を実際の医療の現場ですることができます。そのため新たな転職先でもこれらの経験と知識を考慮されて、業務内容や収入面でも優遇されやすくなるのです。特に人気と競争率がとても高い国公立病院での勤務経験は、次の転職やスキルアップに有利に働く武器となるのです。
 
 薬剤師が就く他の職場と比べて、年収が比較的低い国公立病院ですが、年収だけではない魅力があります。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!