不正は現場で起きている?

 様々な犯罪のうちの1つとして、薬の不正販売があります。自分の勤務している薬局から薬を盗み、インターネットのオークションでその薬を販売するのです。薬剤師の仕事の1つとして薬剤管理というものがあり、薬の保管場所や値段などがわかっているため、こういった事件が起きてしまっています。もしも職場での不正を知ってしまったら、すぐに管理者やしかるべき人に報告するべきです。

他にもある薬剤師に関わるの不正行為

 「調剤」は国家資格を持った薬剤師が行える医療行為です。薬剤師の国家資格を所持していなければ、調剤してはいけません。そのため、薬剤師の資格を持っていない事務職やインターンの学生などが調剤を行った場合には不正行為となります。
 
 また、薬剤師が調剤を行い、その分量を間違えた際に上司に報告しない、患者に説明しないなども不正行為に当たります。
 もしも今努めている職場に不正行為が散見されるようなら、これ機に転職を検討した方が良いかもしれません。
・転職実績、満足度No.1のサイトと提携
・あなた専任のエージェントが、希望の条件、薬局を探します
・高給与、土日休み、復職も大歓迎!